1.1.1.2. 処理の流れ

SDPFのAPIを利用したログの収集に関する処理の流れについて以下に記載します。

ログの収集

①SDPFのAPIを利用したコマンドで、サービスのログをログ収集サーバーで収集・保存します。
②ログ収集サーバーのFluentdで、①で収集したログに情報を付加し、1ファイルに集約します。
③②のログファイルを、AWS CLIのコマンドを利用し、Wasabiに保存します。
flow1

ログの活用

④ログ検索サーバーのJPCTBER S3 Driveで、WasabiをWindowsのドライブに割り当てます。
⑤Wasabiに保存されているログファイルをログ管理ツールで利用します。
flow2