4.14. リストア実行後の操作 Windows Server2019編(v4フレーバー)

4.14.1. OS起動の確認とIPアドレスの付け替え

4.14.1.1. 概要

本章においては、リストア実行後の手順を示します。

4.14.2. リストア実行後の作業

4.14.2.1. 概要

OSが起動していること確認します。

4.14.2.2. 作業手順

OS起動の確認

リストア先ベアメタルサーバーへリモートコンソールアクセスを行い、OSが正常に起動していることを確認します。
※IPアドレス、ルーティング設定等は旧環境のものを引き継いでしまうことがあるため、新しい環境に合わせて設定の見直しをお願いいたします。

リモートコンソールアクセスの方法は以下を参照ください。

4.14.3. IPアドレスの付替え作業

4.14.3.1. 概要

バックアップ元ベアメタルサーバーへ仮アドレスを付与し、付け替え対象IPアドレスを削除します。
リストア先ベアメタルサーバーへ付け替え対象IPアドレスを付与し、仮アドレスを削除します。

4.14.3.2. 作業手順

バックアップ元ベアメタルサーバーへ仮アドレスの付与

SDPFポータルサイトにて「物理サーバー」-「ベアメタルサーバー」-「サーバーリスト」をクリックします。バックアップ元ベアメタルサーバーの名前をクリックします。

../../../_images/image00128.png

「サーバーの詳細」画面から「物理NICポート」タブをクリックします。
../../../_images/image00228.png
「物理NICポート」タブに遷移すると、下図のようにご利用中のベアメタルサーバーの物理NICの一覧が表示されます。仮アドレスを追加したいロジカルネットワークを接続するポートの「ポートをベアメタルサーバーに追加」をクリックします。
../../../_images/image00324.png
「ポートをベアメタルサーバーに追加」ウィンドウに必要な情報を記載し「ポートをベアメタルサーバーに追加」を選択します。
項目 設定内容
ポート名 仮アドレスのポート名を入力します。
ポートの説明 (任意)
ポートのタグ (任意)
ロジカルネットワーク 付け替え対象アドレスと同じロジカルネットワーク
セグメント種別 (任意)
セグメントID (任意)
../../../_images/image00424.png
「物理ポートの詳細」画面で作成したポートのアクションから「ポートの編集」を選択します。
../../../_images/image00524.png
「ポートの編集」ウィンドウの「Fixed IP」タブに設定したい仮アドレスの「サブネット」と「IPアドレス」を記載し「ポートの編集」を選択します。
「基本情報」タブ
項目 設定内容
ポート名 (前項で設定済)
ポートの説明 (任意)
ポートのタグ (任意)
セグメント種別 (任意)
セグメントID (任意)
「Fixed IP」タブ
項目 設定内容
サブネット 仮アドレスのサブネットを入力します。
IPアドレス
仮アドレスのIPアドレスを指定します。
(同セグメントで重複しないもの)
「許可されたアドレス」のペアタブ
項目 設定内容
IPアドレス (任意)
MACアドレス (任意)
../../../_images/image00624.png
作成したポートに仮アドレスのIPアドレスが指定されます。
※この操作で物理NICに対して最初のロジカルネットワークを接続した場合、ベアメタルサーバーのOS上でそのNICに対してIPアドレスを手動で付与する必要があります。
../../../_images/image00720.png

バックアップ元ベアメタルサーバーから付け替え対象IPアドレスを削除

サーバーリストからバックアップ元ベアメタルサーバーをクリックし、「サーバーの詳細」画面から「物理NICポート」タブをクリックします

../../../_images/image00820.png

「物理NICポート」タブに遷移すると、下図のようにご利用中のベアメタルサーバーの物理NICの一覧が表示されます。削除する付け替え対象アドレスの「物理NICポートID」をクリックします。

../../../_images/image00919.png

「物理ポートの詳細」画面から付け替え対象アドレスのアクション「物理ポートからポートを削除」を選択します。

../../../_images/image01015.png

「物理ポートからポートを削除の確認」で「物理ポートからポートを削除」をクリックします。

../../../_images/image01116.png

ポートが削除されます。

../../../_images/image01216.png

リストア先ベアメタルサーバーへ付け替えアドレスの付与

SDPFポータルサイトにて「物理サーバー」-「ベアメタルサーバー」-「サーバーリスト」をクリックします。リストア先ベアメタルサーバーの名前をクリックします。

../../../_images/image01316.png

「サーバーの詳細」画面から「物理NICポート」タブをクリックします。

../../../_images/image01416.png

「物理NICポート」タブに遷移すると、下図のようにご利用中のベアメタルサーバーの物理NICの一覧が表示されます。付け替え対象アドレスを追加したいロジカルネットワークを接続するポートの、「ポートをベアメタルサーバーに追加」をクリックします。

../../../_images/image01516.png

「ポートをベアメタルサーバーに追加」ウィンドウに必要な情報を記載し「ポートをベアメタルサーバーに追加」を選択します。

項目 設定内容
ポート名 付け替え対象アドレスのポート名を入力します。
ポートの説明 (任意)
ポートのタグ (任意)
ロジカルネットワーク 付け替え対象アドレスのロジカルネットワーク
セグメント種別 (任意)
セグメントID (任意)
../../../_images/image01615.png

「物理ポートの詳細」画面で作成したポートのアクションから「ポートの編集」を選択します。

../../../_images/image01715.png

「ポートの編集」ウィンドウの「Fixed IP」タブに設定したい付け替え対象アドレスの「サブネット」と「IPアドレス」を記載し「ポートの編集」を選択します。

「基本情報」タブ
項目 設定内容
ポート名 (前項で設定済)
ポートの説明 (任意)
ポートのタグ (任意)
セグメント種別 (任意)
セグメントID (任意)
「Fixed IP」タブ
項目 設定内容
サブネット 付け替え対象アドレスのサブネットを入力します。
IPアドレス
付け替え対象アドレスのIPアドレスを指定します。
(同セグメントで重複しないもの)
「許可されたアドレス」のペアタブ
項目 設定内容
IPアドレス (任意)
MACアドレス (任意)
../../../_images/image01815.png
作成したポートに付け替え対象アドレスのIPアドレスが指定されます。
※この操作で物理NICに対して最初のロジカルネットワークを接続した場合、ベアメタルサーバーのOS上でそのNICに対してIPアドレスを手動で付与する必要があります。
../../../_images/image01915.png

リストア先ベアメタルサーバーから仮アドレスを削除

サーバーリストからリストア先ベアメタルサーバーをクリックし、「サーバーの詳細」画面から「物理NICポート」タブをクリックします。

../../../_images/image02015.png

「物理NICポート」タブに遷移すると、下図のようにご利用中のベアメタルサーバーの物理NICの一覧が表示されます。削除するリストア先ベアメタルサーバーの仮アドレスの「物理NICポートID」をクリックします。

../../../_images/image02113.png

「物理ポートの詳細」画面からリストア先ベアメタルサーバーの仮アドレスに対し、アクション「物理ポートからポートを削除」を選択します。

../../../_images/image02213.png

「物理ポートからポートを削除の確認」で「物理ポートからポートを削除」をクリックします。

../../../_images/image02313.png

ポートが削除されます。

../../../_images/image02411.png