2.11. 復旧メディアのアップロード Windows Server2016編

2.11.1. 復旧メディアのアップロード

2.11.1.1. 概要

本章においては、ArcserveUDPの復旧メディアアップロード手順を示します。

2.11.2. 復旧メディアのアップロード前の作業

2.11.2.1. 概要

作成した復旧メディアをCIFSサーバーへコピーします。

2.11.2.2. 作業手順

復旧メディアのコピー

リストア先ベアメタルサーバーにてエクスプローラーを起動し、復旧メディアの保存先フォルダを表示します。
../../../_images/image00111.png
別途CIFSサーバーの共有フォルダを開き、復旧メディアを共有フォルダへコピーします。
../../../_images/image00211.png
CIFSサーバーにてブラウザを起動します。
SDPFポータルサイトへログインし、イメージ管理メニューより復旧メディアのアップロードを行います。
復旧メディアのアップロード手順は以下を参照ください。

アップロードする際の設定項目ついては下表の通りです。

項目 設定内容
名前 アップロードする復旧メディアに名前を設定します
タグ (任意)
イメージファイル
CIFSサーバーにコピーした復旧メディア
BMR_x86x64_w10_バージョン_8.1_ビルド_8.X.XXXX.XXX.ISO
形式 ISO
最小ディスク (不要)
最小メモリー (不要)
ライセンススイッチ/BYOL (不要)
保護 (任意)