2.16. リストア先ベアメタルサーバーからArcserveUDPのアンインストール Windows Server編

2.16.1. リストア先ベアメタルサーバーからArcserveUDPのアンインストール

2.16.1.1. 概要

本章においては、リストア先ベアメタルサーバーからArcserveUDPエージェントのアンインストール手順を示します。
※リストア先ベアメタルサーバーで、継続的にArcserveUDPによるバックアップを取得する場合は、アンインストール作業は不要です。ArcserveUDPによるバックアップリストア運用方法については、以下の構成ガイドをご参照ください。

Arcserve UDP 8.xを用いたSmart Data Platform でのバックアップリストア運用例

2.16.2. リストア先ベアメタルサーバーからArcserveUDPのアンインストール手順

2.16.2.1. 作業手順

リストア先ベアメタルサーバーからArcserveUDPのアンインストール

リストア先ベアメタルサーバーにログインし、Windowsのスタートメニューより「コントロールパネル」を開きます。
../../../_images/image00115.png
「プログラムのアンインストール」をクリックします。
../../../_images/image00215.png
プログラムの一覧から「Arcserve Unified Data Protection」を選択し、「アンインストール」をクリックします。
../../../_images/image00313.png
下記の画面が表示されたら、削除対象のコンポーネントにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image00413.png
「次へ」をクリックします。
../../../_images/image00513.png
コンポーネントの削除に「ArcserveUDPエージェント」と表示されていることを確認し「削除」をクリックします。
../../../_images/image00613.png
削除完了後、「完了」をクリックします。
../../../_images/image00711.png
一覧から「Arcserve Unified Data Protection」が削除されていることを確認します。
../../../_images/image00811.png