2.2. CIFSサーバー構築 Windows Server2016編

2.2.1. CIFSサーバー構築

2.2.1.1. 概要

本章においては、ArcserveUDPのバックアップデータ保存先となる仮想サーバー(CIFSサーバー)の構築手順を示します。

2.2.2. 仮想サーバー(CIFSサーバー)構築手順

2.2.2.1. 作業手順

データボリュームの作成

ArcserveUDPのバックアップデータを保存するためのデータボリュームの作成を行います。
SDPFカスタマーポータルにて「仮想サーバー」→「サーバーインスタンス」→「ボリューム」画面へ遷移し、「ボリュームの作成」をクリックします。
../../../_images/image0013.png
任意のボリューム名、容量、ゾーングループを設定し、ボリュームソースには「ソースの指定なし(空のボリューム)」を選択し、「ボリュームの作成」をクリックします。
../../../_images/image0023.png
※ボリュームの容量につきましては、バックアップデータの保存に必要な容量より大きい容量を設定します。ArcserveUDPバックアップデータの保存に必要な容量につきましては、下記リンクを参照ください。

CIFSサーバーのインスタンス作成

バックアップデータ保存するCIFSサーバーの作成を行います。
SDPFカスタマーポータルより「仮想サーバー」→「サーバーインスタンス」→「インスタンス」画面へ遷移し、「インスタンスの作成」をクリックします。
../../../_images/image0033.png
「インスタンスの作成」-「詳細」タブにて、任意のゾーン/グループ、インスタンス名、フレーバーを設定し、インスタンスのブートソースは「イメージから起動」、イメージ名は、WindowsServerを選択します。
※本手順では、WindowsServer2019を選択しています。CIFSサーバーとバックアップ元ベアメタルサーバーのOSは一致している必要はございません。
../../../_images/image0043.png
「インスタンスの作成」-「データボリューム」タブにて、1つ前の手順で作成したデータボリュームを選択します。
../../../_images/image0053.png
「インスタンスの作成」-「ネットワーク」タブにて、バックアップ用セグメントおよび共通機能ゲートウェイ用セグメントを追加し、任意のIPアドレスを入力します。
../../../_images/image0063.png
「インスタンスの作成」をクリックします。
../../../_images/image0072.png

CIFSサーバーのOS設定

SDPFカスタマーポータルより「仮想サーバー」→「サーバーインスタンス」→「インスタンス」画面へ遷移します。一覧の中からCIFSサーバーを選択し、プルダウンメニューから「コンソール」をクリックします。
../../../_images/image0082.png
インスタンスの詳細画面から、「コンソールのみを表示するにはここをクリックします」をクリックします。
../../../_images/image0092.png
OS のAdministrator パスワードを設定し、「Finish」をクリックします。
../../../_images/image0102.png
Administratorのパスワードを入力し、CIFSサーバーにログインします。
../../../_images/image0112.png

CIFSサーバーの言語、タイムゾーン、場所の設定

コンソール画面にて、Windowsのスタートボタンをクリックし、「Control Panel」をクリックします。
../../../_images/image0122.png
コントロールパネル画面にて「Clock and Region」をクリックします。
../../../_images/image0132.png
Date and Timeの「Set the time and date」をクリックします。
../../../_images/image0142.png
「Change time Zone…」をクリックします。
../../../_images/image0152.png
Time zoneにて「(UTC+9:00) Osaka, Sapporo, Tokyo」を選択し、「OK」をクリックします。
../../../_images/image0162.png
「OK」をクリックします。
../../../_images/image0172.png
Windowsのスタートボタンをクリックし、Settingsボタンをクリックします。
../../../_images/image0182.png
「Time & Language」をクリックします。
../../../_images/image0192.png
画面左の「Language」メニューを選択し、「Add a language」をクリックします。
../../../_images/image0202.png
Choose a language to install 画面にて「日本語」を選択し、「Next」をクリックします。
../../../_images/image0212.png
Install language features画面にて「Install」をクリックします。
../../../_images/image0222.png
Language画面のWindows display languageにて「日本語」を選択します。
../../../_images/image0232.png
上記設定後、CIFSサーバーを再起動することで、日本語表示されるようになります。
../../../_images/image0242.png

バックアップデータ保存先ドライブの共有設定

コンソール画面にて、Windowsのスタートボタンを右クリックし、「ディスクの管理」をクリックします。
../../../_images/image0252.png
ディスクの管理でオフラインになっているディスクを右クリックし、「オンライン」をクリックします。
../../../_images/image0262.png
再度ディスクを右クリックし、「ディスクの初期化」をクリックします。
../../../_images/image0272.png
ディスクの初期化画面にて「GPT(GUID パーティションテーブル)」を選択し、「OK」をクリックします。
../../../_images/image0282.png
オンラインになったディスクを右クリックし、「新しいシンプル ボリューム」を選択します。
../../../_images/image0292.png
新しいシンプル ボリュームウィザード画面にて「次へ」をクリックします。
../../../_images/image0302.png
「次へ」をクリックします。
※設定値はデフォルトで問題ありません。
../../../_images/image0312.png
「次のドライブ文字を割り当てる」にチェックを入れ、ドライブ文字を選択し、「次へ」をクリックします。
※本手順では、ドライブ名を「D」として進めています。
../../../_images/image0322.png
「このボリュームを次の設定でフォーマットする」にチェックを入れ、ファイルシステム「NTFS」を選択します。「クイックフォーマットする」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image0332.png
「完了」をクリックします。
../../../_images/image0342.png
フォーマットが完了後、設定した内容が反映されていることを確認します。
../../../_images/image0352.png
エクスプローラーを起動し、フォーマットしたドライブを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
../../../_images/image0362.png
プロパティ画面の「共有」タブを選択し、「詳細な共有」をクリックします。
../../../_images/image0372.png
「このフォルダーを共有する」にチェックを入れ、任意の共有名を設定し、「アクセス許可」をクリックします。
※本手順では、共有名を「Datastore」として進めています。
../../../_images/image0382.png
「追加」をクリックします。
../../../_images/image0392.png
選択するオブジェクト名を入力してください欄に「Administrator」と入力し、「OK」をクリックします。
../../../_images/image0402.png
Administratorのアクセス許可が「フルコントロール」になっていることを確認し、「適用」をクリックします。
../../../_images/image0412.png
「OK」をクリックします。
../../../_images/image0422.png
ネットワークパスの設定内容を確認し、「閉じる」をクリックします。
../../../_images/image0432.png
エクスプローラーを起動し、共有設定を行ったドライブを開きます。
../../../_images/image0442.png
バックアップデータ保存用のフォルダーを作成します。
※本手順では、フォルダー名を「backup1」として進めています。
../../../_images/image0452.png