2.10. 復旧メディア作成 Windows Server2016編

2.10.1. 復旧メディア作成

2.10.1.1. 概要

本章においては、ArcserveUDPの復旧メディア作成手順を示します。

2.10.2. 復旧メディア作成手順

2.10.2.1. 作業手順

復旧メディア作成手順

リストア先ベアメタルサーバーにログインし、Windows スタートメニューより「Arcserve UDP ブートキットの作成」をクリックします。
../../../_images/image00110.png
「Windows 10」を選択し、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image00210.png
「ブート可能 BMR ISO イメージの作成」を選択し、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image0039.png
「x86 プラットフォーム用のBMRイメージ」および 「x64 プラットフォーム用のBMRイメージ」の両方にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image0049.png
「日本語」を選択し、「次へ」をクリックします。
../../../_images/image0059.png
「ローカルドライバを含む」をクリックします。
../../../_images/image0069.png
「作成」をクリックします。
../../../_images/image0078.png
ISOイメージの作成完了後、「完了」をクリックします。
../../../_images/image0088.png
エクスプローラーで保存先のフォルダを開き、復旧メディアが作成されていることを確認します。
../../../_images/image0098.png