1.1.5.1. Fluentdのインストール

  1. 以下のコマンドを実行してFluentdをインストールします。
    ※インターネット接続可能な環境で実行してください。
    # curl -L https://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent3.sh | sh
    
  2. 以下のコマンドを実行し、Fluentd(td-agent)のバージョンが表示されることを確認します。
    # td-agent --version
    

1.1.5.2. Fluentdの設定

  1. 以下のコマンドを実行し、設定ファイルを編集します。
    ※記載のない行は、初期値のままとします。
    # vi /usr/lib/systemd/system/td-agent.service
    [Service]
    User=root
    Group=root
    
  2. 以下のコマンドを実行します。
    ※エラーが表示されないことを確認してください。
    # systemctl daemon-reload
    
  3. 以下のコマンドを実行し、設定ファイルを編集します。
    # vi /etc/td-agent/td-agent.conf
    <source>
     @type tail
     path /var/log/tmp/superocn/ocn-traffic-bps-trend.log
     pos_file /var/log/td-agent/tmp/ocn-traffic-bps-trend.log.pos
     tag superocn.log
     read_from_head true
     <parse>
      @type json
     </parse>
    </source>
    <source>
     @type tail
     path /var/log/tmp/fic/fic.log
     pos_file /var/log/td-agent/tmp/fic.log.pos
     tag fic.log
     read_from_head true
     <parse>
      @type json
     </parse>
    </source>
    
    <filter superocn.log>
     @type record_transformer
     enable_ruby true
     <record>
      log-source “SuperOCNFlexibleConnect”
      log-time ${time.strftime(‘%Y-%m-%d %H:%M:%S’)}
     </record>
    </filter>
    
    <filter fic.log>
     @type record_transformer
     enable_ruby true
     <record>
      log-source “FlexibleInterConnect”
      log-time ${time.strftime(‘%Y-%m-%d %H:%M:%S’)}
     </record>
    </filter>
    
    <match *.log>
     @type file
     <format>
      @type json
     </format>
     path /var/log/tmp/sdpf/sdpflog.*.log
     time_slice_format %Y%m%d
     time_slice_wait 5m
     flush_interval 30m
    </match>
    
  4. 以下のコマンドを実行し、エラーが表示されないことおよびサービスの状態が「active(running)」であることを確認します。
    # systemctl enable td-agent.service
    # systemctl start td-agent.service
    # systemctl status td-agent.service