1.1.2.1. 前提条件を確認する

本記事に記載の内容の実施にあたり、以下の条件をあらかじめご確認ください。

  • Smart Data Platform(以下、SDPFとします)が利用可能であること

  • ログインアカウントに、SDPFのワークスペースへのアクセス権限があること
  • 自動構築コード管理用のリポジトリが利用可能であること
    • あらかじめリポジトリをご用意ください。本書では、GitHubでのプライベートリポジトリの利用を想定しております。
    • Azure DevOps内の「Azure Repos」サービスでもプライベートリポジトリを作成可能です。