1.1.2.1. ファイル・ディレクトリの作成

  1. 以下のコマンドを実行し、ログ収集サーバーに必要なファイルおよびディレクトリを作成します。
    # touch /var/log/tmp/fic/fic.log
    # chown root:root /var/log/tmp/fic/fic.log
    # chmod 544 /var/log/tmp/fic/fic.log
    # touch /var/log/tmp/superocn/ocn-traffic-bps-trend.log
    # chown root:root /var/log/tmp/superocn/ocn-traffic-bps-trend.log
    # chmod 544 /var/log/tmp/superocn/ocn-traffic-bps-trend.log
    # touch /var/log/tmp/local-to-wasabi.log
    # chown root:root /var/log/tmp/local-to-wasabi.log
    # chmod 544 /var/log/tmp/local-to-wasabi.log
    

1.1.2.2. cronの設定

注釈

  • ログ収集サーバーのrootユーザーで実施してください。
  • 各章のシェルスクリプトを作成後に実施してください。
  1. 以下のコマンドを実行し、シェルスクリプトが定期的に実行されるようにします。

    # crontab -e
    */30 * * * * /usr/local/sbin/show-fic-con-traffic.sh | sed -e '${s/$/\n/}' >> /var/log/tmp/fic/fic.log 2>/dev/null
    */30 * * * * /usr/local/sbin/show-ocn-traffic-bps-trend.sh | sed -e '${s/$/\n/}' >> /var/log/tmp/superocn/ocn-traffic-bps-trend.log 2>/dev/null
    10 * * * * /usr/local/sbin/local-to-wasabi.sh >> /var/log/tmp/local-to-wasabi.log 2>/dev/null