IoT Connect Gateway

IoT Connect Gatewayとは

IoTデバイスから収集したデータをつなぐクラウドサービスはさまざま。
受け取るクラウドサービスの仕様に合わせたIoTデバイスの暗号化設計が必要。
デバイス数が増えるたび詳細な設定が必要なため、IoTサービスの展開には手間とコストがかかる

そんな課題を解消するため、IoT Connect GatewayIoTデバイスとクラウドサービスの間の仕様差分を吸収するゲートウェイとして、フレキシブルな相互接続機能を提供します。

①クラウドサービス接続

IoTデバイスから送られた非暗号化データを、IoT Connect Gatewayサービスにて暗号化します。
また、各クラウドサービスへの接続時に必要となる接続情報や鍵交換を代理で実行します。

※機能詳細については、詳細情報ページをご参照ください。

②コンフィグマネージャー機能

各種デバイスのパラメータを元に設定ファイルを生成する「コンフィグ生成機能」と、IoT Connect Gatewayのエンドポイントへアクセスするだけでデバイスごとに個別の設定ファイルを配信可能な「コンフィグ配信機能」を提供します。

※機能詳細については、詳細情報ページをご参照ください。

ご利用イメージ

①クラウドサービス接続~GPS機能付き小型デバイスによる子供や高齢者の見守り~

  • デバイスを簡素化し、価格を抑えたい。
  • 暗号化通信によるモバイル回線区間のデータ通信容量を節約したい。

 

暗号化通信機能はデバイスだけではなくサービス(IoT Connect Gateway)側で行うことでデバイスの設定を簡素化
暗号化プロトコルにかかるオーバーヘッドはモバイル回線区間のトラフィックには影響しないので、データ通信料金の節約になります。

 

 

②コンフィグマネージャー機能~IoTソリューションを提供しているシステム開発会社の運用管理~

    • IoTデバイスの設定(データの取得間隔、接続先など)を定期的に変更したい。
    • 大量に展開するIoTデバイス1つ1つに設定を行うのには労力がかかる。

グループ単位で一括で設定変更を実施できるため大量のデバイスの設定変更が簡単になり、設定変更にかかる作業負荷/コストが大幅に削減!
使った分だけ課金なので安心して利用できる!

 

事例紹介

開発ブログにてIoT Connect Gatwayを活用したIoTプラットフォームの自動構築事例をご紹介しております。

お申し込み

新規、変更(増減)、解約方法は、チュートリアルをご確認ください。

 

お問い合わせ

ご契約前のお問い合わせ

ご契約前のお問い合わせは、下記のWEBフォーム、またはお電話にてお受けしております。

TEL: 0120-003300 (通話料無料)

ご利用中のお問い合わせ

ご利用中のお客様からのお問い合わせは、ポータル画面からチケットにてお受けしております。
チケット画面の操作方法については、下記ページをご確認ください。