Flexible InterConnect構成ガイド

本ドキュメントでは、Flexible InterConnect のサービスを使用して構成することが可能なシステム構成例や必要なリソース、
注意事項について記載しています。

 

目次

FIC構成イメージ
FIC構成要素
ケース1.お客様宅とAmazon Web Service(AWS)を接続
ケース2.お客様ご利用中のDC(弊社Nexcenter)とMicrosoft Azure(Microsoft Peering)を接続
ケース3.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneとSDPF クラウド/サーバーを接続
ケース4.お客様ご利用中のDC(弊社Nexcenter)とAmazon Web Service(AWS)をルータを介さずL2で接続
ケース5.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneと複数のクラウドサービスを接続(Google Cloud,Azure,SDPF クラウド/サーバー)
ケース6.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneを活用し、東京大阪でDR構成にしてクラウドに接続
ケース7.お客様拠点を接続せず、クラウド間連携のみで利用

 

FIC構成イメージ

FIC基盤はFICリソースによって構成され、各種のリソースを組み合わせることでお客様NWを簡単、
迅速に、そしてセキュアにクラウドサービスに接続します。

接続先のクラウドとのコネクションや、ネットワーク帯域、ルーティング、セキュリティ設定などを、
ポータルからオンデマンドで簡単に設定して頂くことが可能です。

目次へ

FIC構成要素

(1)FIC-Port

専用アクセス(UNOイーサ専用、NexcenterConnectMetro接続)からFICへ接続するためのお客様専用の
物理ポートとなります。お客さまの利用シーンに合わせて、冗長構成でもご利用いただけます。
詳しくはこちら

(2)FIC-Router/Routing Group

お客さま側でルータをご用意することなくL3ルーティング機能をご利用頂ける仮想ルータとなります。
お客さまの利用シーンに合わせて、Single(冗長無し),Paired(冗長有り)をご選択いただけます。
Routing GroupはFIC-Router内に最大8グル-プまで標準で提供されます。
Paired時は、FIC基盤内の物理的なH/W機器やケーブルなどが全て別の設備となります。
詳しくはこちら

(3)FIC-Connection

FIC-Port、FIC-Router、各種クラウドサービスを接続するためのコネクション機能となります。
お客さまの利用シーンに合わせて、Single(冗長無し),Paired(冗長有り)をご選択いただけます。
Paired時は、FIC基盤内の物理的なH/W機器やケーブルなどが全て別の設備となります。
詳しくはこちら

(4)FIC-FW/NAT

FIC-FW/NATはL3 Componentの1つとして提供されます。
FIC-FWはFIC-Router内にお客さま専用の仮想ファイアウォール(FIC-FW)を提供し、
FIC-NATはFIC-Router内にお客さま専用の仮想NAT(FIC-NAT)を提供します。
FIC-FW:詳しくはこちら
FIC-NAT:詳しくはこちら

(5)ポータルサイト

サービスのご利用状況の確認や、接続先やネットワーク帯域、セキュリティ設定などを一元管理可能な
お客様専用のポータルサイトを提供いたします。
詳しくはこちら

(6)FICに接続可能なクラウドサービス及びネットワークサービス ※順次拡充予定

クラウドサービス
Amazon Web Service(Private VIF/Transit VIF/Public VIF)
Google Cloud
Microsoft Azure(Private Peering/Microsoft Peering)
Microsoft Azure Peering Service(MAPS)
Oracle Cloud Infrastructure(Private peering/Public peering)
SDPF クラウド/サーバー
Wasabiオブジェクトストレージ

ネットワークサービス
Arcstar Universal One(L3)
Arcstar Universal One(イーサ専用線)
Nexcenter Connect Metro(DC間接続サービス)

目次へ

 

ケース1.お客様宅とAmazon Web Service(AWS)を接続

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Port 1G 2 1Gか10Gから選択
VLAN(16個) 2 FIC-Port利用時は必須
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Port to FIC-Router] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to AWS] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)

留意事項

・FIC-Portは、購入時に収容を変えることで物理的に冗長化されます。
・お客様宅内機器とはタグVLAN(IEEE802.1q)で接続する必要があります。
・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・お客様宅内の接続機器はタグVLAN及びBGPに対応している機器をご用意ください。
・別途Arcstar Universal Oneイーサ専用線のお申込みが必要になります。弊社営業担当にお問い合わせください。
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

ケース2.お客様ご利用中のDC(弊社Nexcenter)とMicrosoft Azure(Microsoft Peering)を接続

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Port 1G 2 1Gか10Gから選択
VLAN(16個) 2 FIC-Port利用時は必須
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Port to FIC-Router] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Azure(Microsoft Peering)] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-NAT(SourceNAPT) 1

留意事項

・FIC-Portは、購入時に収容を変えることで物理的に冗長化されます。
・NexcenterDC内の機器とはタグVLAN(IEEE802.1q)で接続する必要があります。
・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・DC内の接続機器はタグVLAN及びBGPに対応している機器をご用意ください。
・Microsoft AzureとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・Microsoft Peeringとの接続時はFIC-NAT(SourceNAPT)のご利用が必須となります。
・別途NexceterConnectMetroのお申込みが必要になります。弊社営業担当にお問い合わせください。
・ご利用中のNexcenterDCによってはFICサービス基盤と接続できない場合がございます。
 弊社営業担当にお問い合わせください。
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

ケース3.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneとSDPF クラウド/サーバーを接続

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Arcstar Universal One] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to SDPF クラウド/サーバー] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)

留意事項

・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・Arcstar Universal OneとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・SDPF クラウド/サーバーとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Port 1G 2 1Gか10Gから選択
VLAN(16個) 2 FIC-Port利用時は1セットは必須
FIC-Connection L2接続
[FIC-Port to AWS] 100M Single
2

留意事項

・FIC-Portは、購入時に収容を変えることで物理的に冗長化されます。
・AWSとのL2コネクションはSingleのみとなります。FIC-Portを2つ購入しコネクションを冗長化する場合は
 Singleを2コネクション購入し、AWS Connecting Pointを分けて接続ください。
・NexcenterDC内の機器とはタグVLAN(IEEE802.1q)で接続する必要があります。
 タグVLANに対応している機器をご用意ください。
・別途NexceterConnectMetroのお申込みが必要になります。弊社営業担当にお問い合わせください。
・ご利用中のNexcenterDCによってはFICサービス基盤と接続できない場合がございます。
 弊社営業担当にお問い合わせください。
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

ケース5.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneと複数のクラウドサービスを接続(Google Cloud,Azure,SDPF クラウド/サーバー)

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Arcstar Universal One] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Google Cloud] 100M Single
1 Single,Pairedいずれも選択可能
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Azure(Private Peering)] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to SDPF クラウド/サーバー] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-FW 1 Routing Group間の通信を制限する場合に必要

留意事項

・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・Arcstar Universal Oneとクラウド間、クラウドとクラウド間の通信制御(フィルタ)はFIC-FWで行います。
・Arcstar Universal One及び各クラウド間で利用するIPアドレスのバッティングが無いようご注意ください。
・Arcstar Universal OneとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・Azure,SDPF クラウド/サーバーとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・Google CloudとのコネクションはPaired,Singleいずれも選択可能ですが、FIC-Routerの購入状態によりPaired,Singleいずれかが
 選択されます。またSLAの適用はPaired構成時かつGoogle Cloud Connecting Pointを分散した場合のみとなります。
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

ケース6.お客様ご利用中の弊社Arcstar UniversalOneを活用し、東京大阪でDR構成にしてクラウドに接続

FICポータルから購入が必要なリソース (東京基盤) 数量 備考
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Arcstar Universal One] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to AWS] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)

 

FICポータルから購入が必要なリソース (大阪基盤) 数量 備考
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to Arcstar Universal One] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to AWS] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)

留意事項

・Japan East、Japan WestそれぞれFICリソースを購入頂く必要があります。
・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・各コネクション毎のBGP設定にて対UNO:MED値,対クラウドサービス:AS-Path Prepend値を用いて経路制御を行います。
・ArcStarUniversalOneとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・AWSとのコネクションはPaired,Singleいずれも選択可能ですが、FIC-Routerの購入状態によりPaired,Singleいずれかが
 選択されます。またSLAの適用はPaired構成時かつAWS Connecting Pointを分散した場合のみとなります。
・AWS大阪リージョン未提供のため、Japan Westから接続されるAWSリージョンは東京となります。(2020年2月現在)
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ

 

ケース7.お客様拠点を接続せず、クラウド間連携のみで利用

FICポータルから購入が必要なリソース 数量 備考
FIC-Router(Paired) 1 Routing Groupは最大8つまで
うちNAT/FWが利用可能なGroupはRouting Group1~Routing Group4まで
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to AWS] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-Connection L3接続
[FIC-Router to SDPF クラウド/サーバー] 100M Paired
1 PairedコネクションはPrimary-Secondary構成
(Act-Act不可)
FIC-FW 1 Routing Group間の通信を制限する場合に必要

留意事項

・FIC-RouterのサポートするルーティングはBGPのみとなります。(Static等未対応)
・AWSとのコネクションはPaired,Singleいずれも選択可能ですが、FIC-Routerの購入状態によりPaired,Singleいずれかが
 選択されます。またSLAの適用はPaired構成時かつAWS Connecting Pointを分散した場合のみとなります。
・SDPF クラウド/サーバーとのコネクションはPairedのみ選択可能となります。(Singleコネクションは不可)
・その他注意点や仕様の詳細はチュートリアル及びサービス説明書をご参照ください。ドキュメントはこちら

目次へ