FIC-Port

1. サービス概要

1.1. FIC-Portの概要

  • NTT Comが提供する高品質・高信頼なインターコネクトサービスであるFlexible InterConnectの提供機能としてお客さま専用の物理ポート(以下、FIC-Port)を提供します。

1.1.1. FIC-Portの提供イメージ

../_images/MaximumLimit_Port3.png

1.2. FIC-Portの特長

FIC-Portは、以下の特長をもった物理ポートです。

  • お客さまの利用シーンに合わせて、別収容系を選択することで冗長構成でご利用いただけます。
  • 1ポートの申し込みにつき、VLANは16個単位での購入ができます。

1.3. 用語の定義

  • テナント:契約に紐づくFICリソースの管理単位
  • FIC-Console/API:当サービスにて提供するポータル/API
  • F番:各リソースに払い出される13桁のリソースID
  • L2接続:接続元(Source)がFIC-Port

2. 利用できる機能

2.1. 機能一覧

本メニューにて利用できる機能は、以下の機能です。各機能を利用するためのFIC-Console/APIを提供致します。

2.1.1. 機能一覧(FIC-Port)

項番 機能 説明
1 リソース払出
VLANレンジは16個単位で払い出されます。払い出されたVLAN数が接続可能なFIC-Connection数となります。
2 アクティベーション 配線完了後、お客さま自身でアクティベートを行いポートのShutからNo Shutへの遷移が可能です。
3 LOA発行 FIC-Portを新設申し込みを行うとLOAが発行されます。
4 セルフマネジメント お客さまご自身の操作により、FIC-Portを管理できます。

3. メニュー

3.1. メニューリスト

  • FIC-Portは、お客さまのご希望構成に応じて、メニューが適用されます。

3.1.1. メニュー一覧(FIC-Port)

提供エリア ロケーション 提供帯域 インターフェース規格 提供有無
Japan East NTT Com Tokyo (NW1) 1 Gbps 1000Base-LX
    10 Gbps 10GBase-LR
Japan West NTT Com Osaka (Dojima #1) 1 Gbps 1000Base-LX
    10 Gbps 10GBase-LR

3.2. 申し込み種別と方法

FIC-Portの申し込み方法は、以下となります。

  • FIC-Console/API経由にて、FIC-Portを申し込みいただくことが可能です。

3.2.1. 申し込み種別一覧(FIC-Port)

申し込み種別 変更項目 申し込み方法 納期 一時的なBGP Down
新設 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
アクティベート FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 VLAN数 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

4. 上限値

  • VLAN数は、1申し込みあたり512個まで申し込めます。設備状況により、最大個数まで申し込めない場合があります。
  • 保持できるMACアドレス数の上限は、1VLANあたり64個です。
  • 1FIC-Port/FIC-Connectionの上限はお客様自身が所持している1FIC-Port/VLAN数が上限になります。

5. 注意事項

5.1. ご利用時の注意事項

  • FIC-Port側のAutoNegotiation機能は以下となります。
    1Gの場合、AutoNegotiationはOFFとなり、通信方式は全二重固定となります。
    10Gの場合、AutoNegotiationはなく、通信方式は全二重固定となります。
  • FIC-Portに接続するアクセス回線/専用アクセス(NexcenterConnectMetro接続、UNOイーサ専用線)は、お客様にてご準備頂く必要がございます。
    なお、アクセス回線を申し込みの際にはFIC-Port側の物理インターフェースは1000Base-LX/10GBase-LRをご指定ください。
    ※アクセス回線とFIC-Portの物理インターフェースがミスマッチとなり、接続出来ない事例が発生しておりますのでご注意ください。

5.2. お申し込み時の注意事項(共通)

  • 申し込み受付完了後、設定が完了するまでの間は他の申し込みを行うことが出来ません。
  • 読み取り専用ユーザのお客様は申し込み出来ません。

5.3. お申し込み時の注意事項(新設)

  • VLAN-IDは指定できません。

  • FIC-Portの申し込み完了後、90日(※)経過すると自動で課金が開始されます。アクティベートは別途お客様にて処理が必要です。
    ※新設完了時刻から24時間となる時刻を1日目として、90日目の同時刻をいいます。
  • FIC-Portにおける冗長化構成をご希望の場合、異なる収容系のFIC-Portをご購入下さい。

  • FIC-Portへのアクセス回線の接続は、別途アクセス回線サービスにて対応をお願いします。

  • お客様宅内機器とはタグVLAN(IEEE802.1q)で接続する必要があります。


5.4. お申し込み時の注意事項(アクティベート)

  • FIC-Port新設後はアクティベート処理が必要となります。

5.5. お申し込み時の注意事項(VLAN数変更)

  • FIC-Port購入後、VLAN数変更が可能となります。
    VLAN数変更(追加)は該当Port上に16VLAN以上の在庫がある場合、残VLAN数に応じ16VLAN単位で追加することが出来ます。
    VLAN数変更(削除)は未使用のVLANが16VLAN単位で存在する場合、16VLAN単位で削除することが出来ます。
    VLAN数変更(削除)は未使用のVLANが複数ある場合、老番から削除されます。

5.6. お申し込み時の注意事項(廃止)

  • アクティベートを行わず90日以内にFIC-Portを廃止した場合には、 キャンセル料 が発生いたします。
  • アクティベート後に廃止した場合は、アクティベートから廃止までのご利用料金を請求いたします。
  • FIC-Portに接続しているアクセス回線の抜去は、別途アクセス回線の廃止申し込みを実施して下さい。

FIC-Port(XaaS)

1. サービス概要

1.1. FIC-Port(XaaS)の概要

  • IaaSなどのプライベートネットワークで構築されているCloud上でサービスを提供している事業者向けのFICリソースです。

1.2. FIC-Port(XaaS)の特長

  • FIC-Port(Xaas)は、以下の特長をもった物理ポートです。

FIC-Port(XaaS)をEndPointとして公開することで運営されているサービスを他の方々に接続させることが可能になります。 お客さまの利用シーンに合わせて、別収容系を選択することで冗長構成でご利用いただけます。 1ポートのお申し込みにつき、VLANは16個単位での購入ができます。 また、初期設定が公開ポイント用となっているためVLAN用途をその他接続用に変更することで以下のことが可能となります。 VLAN用途をその他接続用に変更することは、VLANブロック単位(16VLAN)で可能です。

  • 通常のFIC-Port同様に、接続元としてクラウドサービスやXaaS事業者等へのFIC-Connectionが作成可能となります。
  • FIC-Port(XaaS)としてのご利用も可能です。

1.3. 用語の定義

  • テナント:契約に紐づくFICリソースの管理単位
  • FIC-Console/API:当サービスにて提供するポータル/API
  • F番:各リソースに払い出される13桁のリソースID
  • L2接続:接続元(Source)がFIC-Port

2. 利用できる機能

2.1. 機能一覧

本メニューにて利用できる機能は、以下の機能です。各機能を利用するためのFIC-Console/APIを提供致します。

2.1.1. 機能一覧(FIC-Port(XaaS))

項番 機能 説明
1 リソース払出
VLANレンジは16個単位で払い出されます。払い出されたVLAN数が接続可能なFIC-Connection数となります。
2 アクティベーション 配線完了後、お客さま自身でアクティベートを行いポートのShutからNo Shutへの遷移が可能です。
3 LOA発行 FIC-Port(XaaS)の新設申し込みを行うとLOAが発行されます。
4 セルフマネジメント お客さまご自身の操作により、FIC-Port(XaaS)を管理できます。
5 EndPoint設定 エンドユーザ向けにFIC-Port(XaaS)をEndPointとして公開リソース情報を登録することが出来ます。(複数のFIC-Port(XaaS)をEndPointとして登録が可能です。)
6 サービス公開機能 EndPoint設定されたリソースは、FIC-Connectionの接続先としてサービス利用者向けに公開することが可能です。公開状態はEndPoint単位またはFIC-Port(XaaS)単位で変更(公開/非公開)が可能です。
7 VLANステータス変更
FIC-Port(XaaS)で利用している、VLANのステータスを「preparing」から「unused」へ変更することが可能です。
「unused」、および「used」のVLANステータスを変更することは出来ません。
「unused」に変更されたVLAN IDはFIC-Connectionの接続用に再度払い出しされます。
各VLANステータスの種類は以下です。
 unused:未使用のVLAN ID
 used:利用中のVLAN ID
 preparing:FIC-Connectionが廃止され利用不可となっているVLAN ID
8 VLAN用途
Port(XaaS)に払い出されたVLANの利用用途を、VLANブロック16個単位で変更可能です。
公開ポイント用:EndPointとして公開しているサービスの接続用に払い出すVLAN
その他接続用:上記以外のPort(XaaS)に紐づくConnectionに利用するVLAN

3. メニュー

3.1. メニューリスト

  • FIC-Port(XaaS)は、お客さまのご希望構成に応じて、メニューが適用されます。

3.1.1. メニュー一覧(FIC-Port(XaaS))

提供エリア ロケーション 提供帯域 インターフェース規格 提供有無
Japan East NTT Com Tokyo (NW1) 1 Gbps 1000Base-LX
    10 Gbps 10GBase-LR
Japan West NTT Com Osaka (Dojima #1) 1 Gbps 1000Base-LX
    10 Gbps 10GBase-LR

3.2. 申し込み種別と方法

FIC-Port(XaaS)の申し込み方法は、以下となります。

  • FIC-Console/API経由にて、FIC-Port(XaaS)を申し込みいただくことが可能です。

3.2.1. 申し込み種別一覧(FIC-Port(XaaS))

申し込み種別 変更項目 申し込み方法 納期 一時的なBGP Down
新設 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
アクティベート FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 VLAN数 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 VLANステータス FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 VLAN用途 API経由 で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

4. 上限値

  • VLAN数は、1申し込みあたり512個まで申し込めます。設備状況により、最大個数まで申し込めない場合があります。
  • 保持できるMACアドレス数の上限は、1VLANあたり64個です。
  • 1FIC-Port(XaaS)/FIC-Connectionの上限はお客様自身が所持している1FIC-Port/VLAN数が上限になります。

5. 注意事項

5.1. ご利用時の注意事項

  • FIC-Port側のAutoNegotiation機能は以下となります。
    1Gの場合、AutoNegotiationはOFFとなり、通信方式は全二重固定となります。
    10Gの場合、AutoNegotiationはなく、通信方式は全二重固定となります。
  • FIC-Port(XaaS)に接続するアクセス回線(NexcenterConnectMetro接続、UNOイーサ専用線等)は、お客様にてご準備頂く必要がございます。
    なお、アクセス回線をお申し込み際にはFIC-Port側の物理インターフェースは1000Base-LX/10GBase-LRをご指定ください。
    ※アクセス回線とFIC-Portの物理インターフェースがミスマッチとなり、接続出来ない事例が発生しておりますのでご注意ください。

5.2. お申し込み時の注意事項(共通)

  • 申し込み受付完了後、設定が完了するまでの間は他の申し込みを行うことが出来ません。
  • 読み取り専用ユーザのお客様は申し込み出来ません。

5.3. お申し込み時の注意事項(新設)

  • FIC-Port(XaaS)の申し込み完了後、90日(※)経過すると自動で課金が開始されます。アクティベートは別途お客様にて処理が必要です。
    ※新設完了時刻から24時間となる時刻を1日目として、90日目の同時刻をいいます。
  • FIC-Portへのアクセス回線の接続は、別途アクセス回線サービスにて対応をお願いします。

  • お客様宅内機器とはタグVLAN(IEEE802.1q)で接続する必要があります。


5.4. お申し込み時の注意事項(アクティベート)

  • FIC-Port(XaaS)新設後はアクティベート処理が必要となります。

5.5. お申し込み時の注意事項(VLAN数変更)

  • FIC-Port(XaaS)購入後、VLAN数変更が可能となります。
    VLAN数変更(追加)は該当Port上に16VLAN以上の在庫がある場合、残VLAN数に応じ16VLAN単位で追加することが出来ます。
    VLAN数変更(削除)は未使用のVLANが16VLAN単位で存在する場合、16VLAN単位で削除することが出来ます。
    VLAN数変更(削除)は未使用のVLANが複数ある場合、老番から削除されます。

5.6. お申し込み時の注意事項(VLANステータス)

  • なし

5.7. お申し込み時の注意事項(VLAN用途)

  • FIC-Port(Xaas)に払い出されるVLANは、初期設定時「公開ポイント用」となっているため、接続元(Source)にしたConnectionを作成する場合は、「その他接続用VLAN」に利用用途変更をした上で、Connectionを作成可能です。
  • VLAN利用用途は、FIC-Port(Xaas)で公開ポイント用、その他利用の併用設定も可能です。
  • 購入したVLANレンジ内に利用中のVLANがない場合、利用用途変更が可能です。*VLANブロック(16VLAN)単位で利用用途を変更可能です。

5.8. お申し込み時の注意事項(廃止)

  • アクティベートを行わず90日以内にFIC-Portを廃止した場合には、 キャンセル料 が発生いたします。
  • アクティベート後に廃止した場合は、アクティベートから廃止までのご利用料金を請求いたします。
  • FIC-Portに接続しているアクセス回線の抜去は、別途アクセス回線の廃止申し込みを実施して下さい。

FIC-Virtual Port (XaaS)

1. サービス概要

1.1. FIC-Virtual Port (XaaS)の概要

  • クラウド事業者上で提供しているサービスを、FICの物理Portを持たずにFICでXaaS事業者公開することができます。

1.1.1. FIC-Virtual Port (XaaS)の提供イメージ

../_images/MaximumLimit_VP8.png

1.2. FIC-Virtual Port (XaaS)の特長

  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、以下の特長をもった論理ポートです。

FICでサービス公開しているクラウド事業者上にFIC-Virtual Port (XaaS)を作成し、EndPointとして公開することでFIC-Port(XaaS)やFIC-Router(XaaS)と同様に、運営されているサービスを他の方々に接続していただくことが可能になります。


1.3. 用語の定義

  • テナント:契約に紐づくFICリソースの管理単位
  • FIC-Console/API:当サービスにて提供するポータル/API
  • F番:各リソースに払い出される13桁のリソースID
  • Pattern S:クラウド事業者上にVirtual Port (XaaS)を構築する構成

2. 利用できる機能

2.1. 機能一覧

本メニューにて利用できる機能は、以下の機能です。各機能を利用するためのFIC-Console/APIを提供致します。

2.1.1. 機能一覧(FIC-Virtual Port(XaaS))

  • FIC-Virtual Port(XaaS) 【Pattern S】
項番 機能 説明
1 セルフマネジメント お客さまご自身の操作により、FIC-Virtual Port(XaaS)を管理できます。
2 EndPoint設定 FIC-Virtual Port(XaaS)をEndPointとして公開リソース情報を登録することが出来ます。(複数のFIC-Virtual Port(XaaS)をEndPointとして登録が可能です。)
3 サービス公開機能 EndPoint設定されたリソースは、FIC-Connectionの接続先としてサービス利用者向けに公開することが可能です。公開状態はEndPoint単位またはFIC-Virtual Port(XaaS)単位で変更(公開/非公開)が可能です。

3. メニュー

3.1. メニューリスト

  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、お客さまのご希望構成に応じて、メニューが適用されます。

3.1.1. メニュー一覧(FIC-Virtual Port(XaaS) 【Pattern S】)

提供エリア ロケーション 提供クラウド事業者 提供帯域 提供有無
Japan East NTT Com Tokyo (NW1)
SDPF Cloud/Server
AWS(Private VIF)
仮想Portのため提供帯域設定なし
Japan West NTT Com Osaka (Dojima #1)
SDPF Cloud/Server
AWS(Private VIF)
仮想Portのため提供帯域設定なし

3.2. 申し込み種別と方法

FIC-Virtual Port(XaaS)の申し込み方法は、以下となります。

  • FIC-Console/API経由にてFIC-Virtual Port(XaaS)を申し込み頂くことが可能です。

FIC-Virtual Port (XaaS)を申し込みいただいた後に、公開情報登録が必要となります。

3.2.1. 申し込み種別一覧(FIC-Virtual Port(XaaS) 【Pattern S】)

申し込み種別 変更項目 申し込み方法 納期 一時的なBGP Down
新設 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

4. 上限値

4.1 FIC-Virtual Port(XaaS) 【Pattern S】

  • Virtual Port(XaaS)は、1テナントで16Port、1契約につき最大128Portまで保有できます。
  • 1 Endpointに登録できるVirtual Port (XaaS)は16Portです。

5. 注意事項

5.1. ご利用時の注意事項

  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、提供クラウド事業者の変更は提供しておりません。
  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、公開情報登録後に課金開始され、公開情報削除後に課金停止となります。
  • FIC-Virtual Port(XaaS)の購入数ではなく、公開情報登録(Published Service)数での課金となります。
  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、公開情報登録の公開サービス名の変更はできません。登録時にはご注意願います。
  • FIC-Virtual Port(XaaS)を接続元としてFIC-Port/Router・各種Cloud事業者と接続することはできません。

5.2. お申し込み時の注意事項(共通)

  • 申し込み受付完了後、設定が完了するまでの間は他の申し込みを行うことが出来ません。
  • 読み取り専用ユーザのお客様は申し込み出来ません。

5.3. お申し込み時の注意事項(新設)

  • FIC-Virtual Port(XaaS)は、論理ポートのため、アクティベートは不要です。

5.4. お申し込み時の注意事項(廃止)

  • なし