FIC-Connection Router

1. サービス概要

1.1. FIC-Connection Routerの概要

  • Flexible InterConnect(以下FIC)が提供するFIC-Router同士を接続できる機能を提供します。
  • 同一テナント内の異なるエリアに所属するFIC-Routerを接続できる機能を提供します。
  • FIC-Connectionの共通仕様つきましては、こちら を参照ください。

1.2. 構成パターン

1.2.1. 同一テナントの異なるエリアに所属する FIC-Router (Paired) - FIC-Router (Paired) の構成

../_images/Router-Router_PairedConnection.png

1.3. 接続形態と接続タイプ

FIC-Connection Routerでは、以下の接続形態と接続タイプを組み合わせることが可能です。

1.3.1. 接続形態と接続タイプを組み合わせ一覧

接続形態 Routerタイプ 接続タイプ 説明 推奨構成(SLA対象)
L3接続 FIC-Router (Paired) to FIC-Router(Paired) FIC-Connection (Paired) FIC-Router (Paired)のPrimary/Secondaryが自動的に指定され、FIC-Connection (Paired)で接続します。(下図③L3接続)
../_images/Router-Router_ConnectionType.png

1.4. 申し込み種別と方法

FIC-Console/APIにて、FIC-Connection Routerを申し込みいただくことが可能です。

1.4.1. 申し込み種別一覧

申し込み種別 変更項目 申し込み方法 納期 一時的なBGP Down
新設 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日
変更 帯域 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 広告経路/受信経路 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
変更 AS-Path Prepend FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日 なし
廃止 FIC-Console/API経由で、お客さま自身の操作により申し込み 即日

1.5. 提供帯域

FIC-Connection Routerは、以下の帯域を選択可能です。

 100M/500M/1G/2G/5G/10G

注釈

  • ご契約帯域は上り/下りそれぞれに適用されます。
    そのため、例として1Gbpsの場合は上り1Gbps、下り1Gbpsにて通信が可能です。

2. 注意事項

2.1. ご利用時の注意事項

  • FIC-Connection Routerの上限は1つのFIC-Routerに対して1コネクションです。

  • 同一テナント内のFIC-Router同士でのみ接続することができます。

  • FIC-Connection (Paired)のみの構成になります。

  • FIC-NATで利用しているグローバルIPアドレスはFIC-Connection Routerから広告されません。

  • FIC-Connection Routerを利用した場合、FIC-Router同士で経路交換を行うためFIC-Routerの学習経路が増大する可能性があります。
    学習経路を抑制したい場合はBGP Filterで制御する必要があります。
  • FIC-Connection RouterとFIC-Connection Arcstar Universal Oneを同一FIC-Routerで利用している場合かつ、
    そのFIC-Routerで FIC-Connection RouterとFIC-Connection Arcstar Universal Oneから同じ経路を受信している場合、
    FIC-Connection Arcstar Universal One から受信しているBGP経路の方が優先されるケースがあります。
    FIC-Connection Routerから受信している経路を優先したい場合は
    FIC-Connection Arcstar Universal One のAS-Path Prepend機能で優先経路の調整を行ってください。
  • FIC-Connection Arcstar Universal Oneをご利用の場合、AS OverrideのON/OFFで制御してください。

  • Eastエリアおよび、WestエリアのFIC-Routerが双方で受信可能な経路数の上限は以下のとおりです。経路数上限を超過すると通信断となります。

  EastエリアからWestエリア WestエリアからEastエリア
最大受信経路数 4,000 4,000
経路数超過による通信断発生時の対処 お客さまにて経路数を削減後、BGPセッションクリア を行うことにより回復します。 お客さまにて経路数を削減後、BGPセッションクリア を行うことにより回復します。

2.2. お申し込み時の注意事項(共通)

  • なし

2.3. お申し込み時の注意事項(新設)

  • FIC-Connection Routerは接続元・接続先FIC-Routerが異なるエリアに所属していることが条件となります。

  • 事前に異なるエリアに所属する2つのFIC-Routerの作成が完了している必要があります。

  • FIC-Connection Routerの申し込み時にFIC-Routerで指定された網内利用アドレス(以下、既存アドレス)との重複チェックを行います。
    お客様が指定した既存アドレスと一致している場合、またはお客様が指定したアドレスが既存アドレスを包含している場合はエラーとなります。
    既存アドレスと重複していないアドレス、もしくは既存アドレスに包含されているアドレスを指定いただくことは可能です。

2.4. お申し込み時の注意事項(経路変更)

  • 接続元、接続先どちらのエリアからでも申し込みは可能です。

2.5. お申し込み時の注意事項(帯域変更)

  • 帯域変更完了時点から変更後の帯域に沿った料金に変更となります。
  • 接続元、接続先どちらのエリアからでも申し込みは可能です。

2.6. お申し込み時の注意事項(廃止)

  • 接続元、接続先どちらのエリアからでも申し込みは可能です。