Flexible InterConnect

Flexible InterConnectをご利用いただくにあたり、お客様の接続環境に必要となるリソースの仕様についてご案内いたします。
・Flexible InterConnect のサービスを使用して構成することが可能なシステム構成例や必要なリソースにつきましては、こちらのFlexible InterConnect構成ガイドをご参照ください。
・ご利用にはSmart Data Platformのご契約が必要となります。お申込方法など詳細につきましては、こちらをご参照ください。
・Flexible InterConnectのお申込方法につきましては、こちらのチュートリアルをご参照ください。
・再販パートナー企業さまは、Flexible InterConnectを自社サービスやソリューションと組み合わせることで、エンドユーザーさまへ提供いただくことも可能です。詳細はこちらをご参照ください。

Flexible InterConnect基盤はFlexible InterConnectリソースによって構成され、各種リソースを組み合わせることでお客様NWを簡単、迅速に、そしてセキュアにクラウドサービスに接続します。

1.  FIC-Port

専用アクセス(NexcenterConnectMetro接続、UNOイーサ専用線)からFlexible InterConnectへ接続するためのお客様専用の物理ポートです。
XaaS事業者様が、FICをご利用しているお客様向けに、FIC上で接続サービスを提供するための物理ポート、FIC-Port(XaaS)や、
クラウド事業者上にサービス基盤を構築しているXaaS事業者様がFIC上で接続サービス提供ができる仮想Port、Virtual Port (XaaS)もございます。

詳細はこちらをご覧ください。

2. FIC-Router

お客さま側でルータをご用意することなくL3ルーティング機能をご利用頂ける仮想ルータです。
XaaS事業者様が、FICをご利用しているお客様向けに、FIC上で接続サービスを提供するためのFIC-Router(XaaS)もございます。

詳細はこちらをご覧ください。

2.1 Component

Componentでは、FIC-FWとFIC-NATを提供いたします。
FIC-Router、またはFIC-Router(XaaS)へアドオンしてご利用いただく機能となるため、ご利用にはFIC-Router、またはFIC-Router(XaaS)が必要となります。

2.1.1 FIC-FW

FIC-Router、またはFIC-Router(XaaS)にお客さま専用の仮想ファイアウォール(FIC-FW)を提供します。

2.1.2 FIC-NAT

FIC-Router、またはFIC-Router(XaaS)にお客さま専用の仮想NAT(FIC-NAT)を提供します。

3. FIC-Connection

FIC-Port、FIC-Router、各種クラウドサービス等の間を接続するためのコネクション機能です。
各FIC-Connection の詳細仕様は接続先毎に異なります。以下をご覧ください。

3.1 共通仕様

接続先毎の個別仕様

3.2 Port
3.3 Router
3.4 AWS (Private VIF/Transit VIF/Public VIF)
3.5 SDPF クラウド/サーバー
3.6 Google Cloud
3.7 Azure (Microsoft Peering/Private Peering)
3.8 Azure Peering Service
3.9 Oracle (Private Peering/Public Peering)
3.10 Wasabiオブジェクトストレージ
3.11 Arcstar Universal One
3.12 Super OCN Flexible Connect
3.13 XaaS (上記以外の各種接続先クラウド)

4. FIC-Support

ご利用いただいているリソースのモニタリング機能や各種サポートを提供いたします。

4.1 モニタリング機能

お客様がご利用中のFICリソースのステータスやトラフィック等をグラフィカルに確認いただけます。
また、FICリソースステータスの変化や閾値超過を検知した際にメールにて通知可能です。

4.2 サポート

Flexible InterConnectご利用にあたっての各種お問い合わせやサポートを提供いたします。
Flexible InterConnectのメンテナンスや障害に関わる通知等の各種詳細情報についてもこちらをご覧ください。