Red Hat Enterprise Linux (or CentOS) が起動しません。

イメージ管理, 運用

2019年6月5日 (2022年3月31日:更新)

Red Hat Enterprise Linux (or CentOS) が起動しない原因を調査するために、以下の手順に従って起動時のログを取得し原因をチェックします。

# journalctl -xb | less
  • ログを確認し、原因をチェックします。

 

参考

Red Hat Enterprise Linux (or CentOS) の起動時のログにおいて、以下のログが存在する場合、 /etc/fstab の記載が適切ではありません。
/etc/fstab の記載が適切では無い箇所を一時的にコメントアウトする、もしくは記載を削除することで、 Red Hat Enterprise Linux (or CentOS) が正常に起動します。

/etc/fstab のマウントオプションの指定が適切では無い場合

Jan 01 00:00:00 localhost systemd[1]: Mounting /mnt...
Jan 01 00:00:00 localhost mount[531]: mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /mnt,
Jan 01 00:00:00 localhost mount[531]: missing codepage or helper program, or other error
Jan 01 00:00:00 localhost mount[531]: In some cases useful info is found in syslog - try
Jan 01 00:00:00 localhost mount[531]: dmesg | tail or so.
Jan 01 00:00:00 localhost kernel: XFS (vdb): unknown mount option [default]. ## /etc/fstab に "default" という存在しないマウントオプションの記載が有る ##
Jan 01 00:00:00 localhost systemd[1]: mnt.mount mount process exited, code=exited status=32
Jan 01 00:00:00 localhost systemd[1]: Failed to mount /mnt.

/etc/fstab のデバイスの指定が適切では無い場合

Jan 01 00:00:00 localhost systemd[1]: Job dev-vdc.device/start timed out. ## /etc/fstab に "/dev/vdc" という存在しないデバイスの記載が有る ##