【重要なお知らせ】海外拠点の「Smart Data Platform」の新規申込み受付終了およびサービス提供終了予定のご案内

クラウド/サーバー

2020年9月30日 (2022年6月1日:更新)

(2022/5/30) DNSサービスに関する記述を追記しました。

お客さま各位

 

平素より 「Enterprise Cloud (以下ECL)」をご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社では、海外クラウド事業のビジネスモデル/提供サービスの見直しを行い、2020年10月31日に、

海外拠点の「Enterprise Cloud1.0(以下ECL1.0)」および「Enterprise Cloud2.0(以下ECL2.0)」の新規申込み受付を終了します。

今後、海外拠点でのクラウドサービスは、「Hybrid Cloud with Microsoft Azure(以下:HC Azure)」をご利用いただきますようお願いします。

 

ECL海外拠点の新規申込み受付終了・サービス提供終了(NTT Com契約のお客さま)

NTT Com契約のお客さまにおいては、2020年10月31日をもって、

「ECL1.0」および「ECL2.0」の海外リージョンにおける新規データセンターの申込み受付を終了します。

また、「ECL1.0」は2022年3月31日、「ECL2.0」は2023年3月31日をもってサービス提供を終了します。

※詳細は下記の通りです。

ECL1.0 NTT Com と契約のお客さま
新規申込み受付終了日※ 2020年10月31日
新規申込み受付終了後の制限事項 新規契約不可

新規データセンターの追加不可

サービス提供終了予定日 2022年3月31日
対象データセンター Hemel Hempstead 2 (UK)

France Paris 2 (FR)

Spain Madrid 2 (ES)

Singapore Serangoon (SG)

Hong Kong Tai Po (HK)

Thailand Bangna (TH)

Malaysia Cyberjaya 3 (MY)

※申し込み内容によっては、ご利用を開始いただくまでに日数をいただきますので、余裕をもって事前にお申し込みください。

 

ECL2.0 NTT Com と契約のお客さま
  新規申込み受付終了日   2020年10月31日
  新規申込み受付終了後の制限事項   新規テナント作成不可
  サービス提供終了予定日   2023年3月31日
  対象リージョン   UK1、DE1、FR1、SG1、HK1、US1

 

(2022/5/30更新)
ECL2.0 DNSサービスのネームサーバーについて、リージョンUK1, US1, SG1を提供しておりますが、JPリージョンへ基盤移行をすることで品質を担保させていただく予定です。

「Hybrid Cloud with Microsoft Azure(以下:HC Azure)」サービス提供

「HC Azure」は、全世界の25の国と地域/61か所のリージョンでグローバル提供されるパブリッククラウドで、

「ECL」のカスタマーポータルを通じてAzureサブスクリプションがオンラインで発行されるため、お客さまは即座に

Microsoft Azureの各種サービスが利用できます。IaaS、PaaSからそれらを利活用するための管理、セキュリティ関連サービスまで豊富なラインナップがあります。

パブリッククラウドのエリアカバレッジを拡大し、NTT Comによるハイブリッドクラウドの一元的な提供・サポートの実現、

お客さまの海外のビジネスやDX推進を支援するため、お客さまのシステム更改等にあわせた「ECL1.0/ECL2.0」からの

「HC Azure」への移行のご検討をお願いします。

※「HC Azure」の詳細については、以下をご参照ください。

https://sdpf.ntt.com/services/microsoft-azure/

 

なお、国内拠点の「Enterprise Cloud」においては、お客さまのデジタルデータを安全・安心に

利活用(収集・蓄積・加工・分析等)可能なプラットフォームサービス「Smart Data Platform」において、

「Enterprise Cloud」をサービス基盤の中心として機能強化を図っていきます。

※「Smart Data Platform」の詳細については、以下をご参照ください。

https://www.ntt.com/business/sdpf.html

 

本件に関する詳細については、NTT Comの営業担当までお問い合わせください。