オフィシャルテンプレート Red Hat Enterprise Linux のマイナーバージョンを上げることに問題はあるでしょうか。

サーバーインスタンス, 仕様

2021年12月12日 (2024年4月22日:更新)

マイナーバージョンのアップデートは、規約などで制限はしておりません。
しかしながら、アップデート手順や、アップデートによる不具合などに関しましては、サポート対象外となります。
※作業時間・影響など、お客さま環境によるご質問につきましてもサポート対象外となります。

なお、アップデートに関する内容はサポート対象外となりますが、

マイナーバージョンアップ後のサポートについては、サポート期限内であれば以下の内容でサポート可能です。
————————————
■サポート内容
https://sdpf.ntt.com/services/docs/os/service-descriptions/rsts/rhel.html#id51
・初期設定/サーバーへの初回ログインおよびOSライセンス認証についてサポートします。
・お客さまが直面したインストール/セットアップ基本的な機能に関する不具合などへの対処方法などの
お問合せについては受付を行います。
またRedHat社と弊社でお問合せ内容を確認し、知見のある範疇で回答させていただきます。
————————————

Red Hat Enterprise Linux – 制約事項