Oracle DB SE2では使用可能なCPUスレッドが16に制限されるとの事ですが、インスタンスのフレーバーを32CPUに変更した場合に不具合などの影響はございますでしょうか。

Oracle, クラウド/サーバー, 仕様

2021年11月28日 (2021年11月28日:更新)

下記URLの利用条件のとおり、 Oracle Database SE2の12c(12.1.0.2以降)では、Oracle製品の仕様上、 「常時Oracle DB 1インスタンスあたり最大16CPUスレッド」の技術的な制限が課されます。 この制限により、選択したフレーバーのコンピュートリソースの一部が、 Oracle DBインスタンスに割り当てられない場合がございます。

 

Oracle Database Standard Edition 2で制限される「CPUスレッド」とは何ですか?

https://faq.oracle.co.jp/app/answers/detail/a_id/2804/~/oracle-database-standard-edition-2%E3%81%A7%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%8Ccpu%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F

 

Oracle>詳細情報 3.2.0>サーバーインスタンスメニュー向け

https://sdpf.ntt.com/services/docs/oracle/service-descriptions/rsts/vs.html#id27

 

仮に仮想サーバーインスタンスに32CPUスレッドを割り当てていただいても、 Oracle DBに関しては最大16CPUスレッドしか使えないため、 32CPUスレッドをフルに活用できないこととなります。

こちらの制限は32CPUへフレーバー変更をしたためにOracle DBが動作しなくなるといったものではございません。

この場合は、あくまでもOracle DBが16CPUスレッドしか使わないという事象になります。

同じサーバーで稼働するほかのアプリケーションに割り当てるために32CPUスレッド 用意するという意図がございましたら、こちらは問題ございません。