ロードバランサー /Managed Firewall / Managed UTM / Managed WAFでデバイスの新規作成に失敗する事象について

Managed Firewall, Managed UTM, Managed WAF, ロードバランサー

2024年2月6日 (2024年2月6日:更新)

事象概要

ロードバランサー / Managed Firewall / Managed UTM / Managed WAF において、新規デバイスを作成しようとすると、エラーメッセージが出力され、作成に失敗する事象を確認しております。なお、上記のエラーはJP7リージョンで発生することを確認しております。

 

【事象発生時のエラーメッセージ】

・ロードバランサー:

本事象発生を識別可能なエラーコードはございません。

A)ポータルで申し込みの場合、

作成後、インスタンスのステータスが「作成中」となった後に「エラー」に変わります。

B) APIで申し込みの場合、

作成後、インスタンスのステータスが 「PENDING_CREATE」となった後に 「ERROR」に変わります

 

 

・Managed Firewall / UTM /WAF:

本事象発生を識別可能なエラーコードはございません。

A)ポータルで申し込みの場合、

 「ただいまOrder状況が混雑しています。時間をおいて再度お申込みください。」

B) APIで申し込みの場合、

 ”システムエラーが発生しました。恐れ入りますが、チケットシステムでご連絡ください。”

“System error has occurred. Excuse me, please contact us at the ticket system.”

 

 

対処方法

・ロードバランサー

デバイス作成時にエラーが発生した場合、エラーが発生したデバイスは削除し、再度作成をお願いいたします。

 

・Managed Firewall / UTM / WAF

ポータル経由でデバイス作成時にエラーが発生した場合、時間をおいて再度作成をお願いいたします。API経由でデバイス作成時にエラーが発生した場合、チケットシステムよりご申告をお願いいたします。

 

 

改修目途

具体的な改修時期が判明しましたらお知らせいたします。

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。