Managed FW/UTM/WAFにおけるセキュリティインシデントレポート サンプルの「Severity(脅威の重大度)」について、どのような種類やレベルがあるのか教えてください。

Managed Firewall, Managed UTM, Managed WAF, FAQカテゴリ, 仕様, 運用

2022年1月8日 (2022年1月31日:更新)

Severityの種類は「Max, Critical, High, Medium, Low」の5種類あります。

尚、ロジックの内容とレベルにおける詳細は非公開となります。