Arcserveメニューについて、アップグレード作業を実施している期間の課金はどうなりますか?

Arcserve Unified Data Protection, 料金, 運用

2018年7月31日 (2022年1月24日:更新)

本メニューは、バージョン毎に課金となりますためそれぞれ個別に課金されます。

課金の重複を避けるには、月末までにバージョンアップされるバージョンにてご利用のバージョンをアップしていただき、バージョンアップ実施月末に古いバージョンの廃止を実施し、廃止月末~翌月始めに新規バージョンをお申し込みいただければ、重複課金となりません。
※新規バージョンのOrderID発行に最大5営業日掛かるため。

なお、新規バージョンのライセンス発行までは、最大30日間試用版として機能制限なしにご利用が可能ですので、試用期間が切れるまでにライセンス登録いただければ継続してバックアップ等ご利用が可能です。