FIC-Connection(Wasabi)のトラフィック利用状況において通信方向が逆に表示される不具合について

Flexible InterConnect

2022年9月20日 (2022年9月20日:更新)

事象概要

FIC-Connection(Wasabi)において、以下の事象を確認しております。

・モニタリングのトラフィック利用状況のグラフ、およびcsvダウロードしたトラフィックデータにおいて、通信方向が実際とは逆に表示される

本不具合により、現在FIC-Connection(Wasabi)のトラフィック利用状況は以下のように表示されておりますのでご注意ください。

【トラフィック利用状況のグラフ】
bps A ⇒ WasabiからFIC方向のトラフィック
bps B ⇒ FICからWasabi方向のトラフィック

【csvダウンロードしたトラフィックデータ】
in bps/in pps ⇒ FICからWasabi方向のトラフィック
out bps/out pps ⇒ WasabiからFIC方向のトラフィック

対処方法

本事象につきましては対処方法はございません。システム改修までお待ちください。

改修目途

本事象の改修に関しては、2022年10月14日を予定しております。
改修後については、改修前のトラフィックデータも含め通信方向が正しく表示されます。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。