データ仮想化 TIBCO Data Virtualization

特徴・メリット

  • ビジネスバリュー獲得の高速化
    分析アプリケーションにデータを迅速に提供し、変更が生じた際にも即時に対応可能なため、ユーザーはより大きなビジネスバリューを得ることができます。
  • ビジネスインサイトの向上
    ETLなどによる物理的なデータ統合と比較して、データ提供作業などが大幅に簡略化されるため、より少ない労力で最新のデータに容易にアクセスすることが可能になります。
  • 開発コスト削減
    再利用可能なデータサービスとインタラクティブな開発および検証環境により、データサービスの品質を向上させつつ新規プロジェクトでは同様の作業を省略することができます。
  • データ管理用のインフラコスト削減
    データ仮想化では、データをコピーせずに仮想的に統合を行うので、インフラコストなどを低減可能です。それに伴いサポートおよびメンテナンスコストも削減されます。
       

利用シーン

  • 最新データのレポートへの反映、または分析開始まで1日以上待たされる。
    → 利用者からのデータリクエスト時にクエリを分解してデータを取得、統合、加工するので、常に最新のデータを利用することが可能です。
  • データウェアハウスやデータレイクを構築したが、日々増えていくデータソースの追加対応や利用者からのデータマート追加要求への対応稼働が慢性的に不足している。
    → データ仮想化を利用することで、既存のDWHを生かしながら、新たなデータソースへの接続や新しいデータマートの追加をアジャイルに実施することが可能です。
  • 社内ユーザのデータへのアクセスをデータソース毎に管理しており、ユーザー追加や移動による権限変更の作業がおいついていない。
    → データ仮想化を介して様々なデータにアクセスすることによって、データ仮想化でユーザのデータへのアクセス権限管理を集約することが可能です。Active Directoryとの連携にも対応しています。

お申し込み

新規、変更(増減)、解約の場合は、当社営業までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

ご契約前のお問い合わせ

ご契約前のお問い合わせは、下記のWEBフォーム、またはお電話にてお受けしております。

TEL: 0120-106107 (通話料無料)

ご利用中のお問い合わせ

ご利用中のお客様からのお問い合わせについては、当社営業までご連絡ください。