3. FICルータとAzure Peering Service 及び Arcstar Universal Oneの接続

3.1. 目的

本クイックスタートガイドは、代表的な構築モデルの構築手順を提示することにより、Flexible InterConnect(以下FIC)のご利用が初めての方でもスムーズにご利用開始出来ることを目的としています。 また本書ではFICで環境を構築するために必要となる概念や考え方も合わせて記載しています。

3.2. 対象者

本書を利用する方は以下の通り想定しております。

・初めてFICで環境構築を行う方

3.3. 事前準備

FICにて環境構築作業を行う為には以下の環境を事前に準備する必要があります。

注釈

  • Azure Peering Serviceの付加機能であるTelemetryアドオンは、Flexible InterConnect経由でAzure Peering Serviceをご利用のお客様はご利用が出来ません。
    Telemetryアドオンの登録は付加機能のため、この登録が無くても、Azure Peering Service接続のご利用自体は可能です。

3.4. 構成図

構成図

注釈

  • Any:お客様側LAN内IPアドレス
  • Source NAPT:送信元IPをAny→グローバルIPへN:1変換

3.5. 概要手順

手順 該当ページ FIC-Console作業
1 3.6 ルータ購入及び設定 FIC-Consoleでルータの設定及び購入
2 3.7 Arcstar Universal OneとFIC間の接続 FIC-ConsoleでArcstar Universal Oneコネクション購入
3 3.8 Source NAPT購入及びポリシー設定※
FIC-Consoleで購入済みのルータのアドオン設定にてSource NAPTの購入及び設定
※NAT購入:Azure Peering Serviceと接続する際にグローバルIPでの
      接続が必要なためNAT購入及びNAPT設定を実施
4 3.9 Azure Peering Service※とFIC間の接続
FIC-ConsoleでMicrosoft Azure Peering Service(MAPS)コネクション購入
※Microsoft Azure Peering Service (MAPS)
5 3.10 【参考】モニタリング画面の確認 モニタリング画面の確認
6 3.11 【参考】申込履歴の確認 申込履歴の確認

3.6. ルータ購入及び設定

  • ここでは、赤点線で囲われた部分の手順を記します
ルータ購入及び設定

注釈


3.6.1 FIC-Consoleログイン後の画面

FIC-Consoleログイン後の画面

3.6.2 Japan Eastを選択後の画面

Japan Eastを選択後の画面

3.6.3 ルータを選択後の画面

ルータを選択後の画面

3.6.4 ルータ購入画面

ルータ購入画面

3.6.5 ルータ購入手続き画面

ルータ購入手続き画面
項番 項目 入力内容
名前 任意の名称を入力
網内利用アドレス 網内利用アドレスを入力※本手順では172.19.0.0/27
冗長構成 冗長構成を有にするため点が右側に来るよう(冗長構成の横の表示が赤くなるよう)に選択
XaaS Type XaaS Typeではないため操作不要

3.6.6 ルータ購入確認画面

ルータ購入確認画面

3.6.7 ルータの購入申し込み受付画面

ルータの購入申し込み受付画面

3.6.8 ルータの購入完了画面

ルータの購入完了画面

3.7. Arcstar Universal OneとFIC間の接続

  • ここでは、赤点線で囲われた部分の手順を記します
Arcstar Universal OneとFIC間の接続

3.7.1 コネクションを選択後の画面(Arcstar Universal One)

コネクションを選択後の画面(Arcstar Universal One)

3.7.2 コネクション購入画面①(Arcstar Universal One)

コネクション購入画面①(Arcstar Universal One)

3.7.3 コネクション購入画面②(Arcstar Universal One)

コネクション購入画面②(Arcstar Universal One)

3.7.4 接続元ルータ選択(Arcstar Universal One)

接続元ルータ選択(Arcstar Universal One)

3.7.5 コネクションの購入情報入力画面①(Arcstar Universal One)

コネクションの購入情報入力画面①(Arcstar Universal One)

3.7.6 コネクションの購入情報入力画面②(Arcstar Universal One)

コネクションの購入情報入力画面②(Arcstar Universal One)

3.7.7 コネクションの購入情報入力画面③(Arcstar Universal One)

コネクションの購入情報入力画面③(Arcstar Universal One)
項番 項目 入力内容
コネクション名 Test-Arcstar Universal One
接続帯域 10Mをプルダウンから選択
Routing Group group_1をプルダウンから選択
BGP Filter Ingress フルルートをプルダウンから選択
BGP Filter Ingress prefix list※
ON/OFF選択(OFFはグレー表示)「BGP Filter Ingress」設定にて、「フルルート」を選択すると、「BGP Filter Ingress prefix list」の設定が自動でONになる為、フィルタリング設定が不要な場合はOFFへ変更
BGP Filter Egress(接続元FICルータ) フルルート(デフォルトルート除外)をプルダウンから選択
BGP Filter Egress prefix list
ON/OFF選択(OFFはグレー表示)「BGP Filter Egress」設定にて、「フルルート(デフォルトルート除外)」か「フルルート(デフォルトルート込み)」を選択すると、「BGP Filter Egress prefix list」の設定が自動でONになる為、フィルタリング設定が不要な場合はOFFへ
MED Egress(Primary) プルダウンにて選択(10、30)※本手順では10
Connecting Point プルダウンにて選択(接続帯域を選択後、購入内容を選択)
代表番号 N+半角数字
VPN番号 V+半角数字
BGP Filter Egress(接続先 Arcstar Universal One L3) フルルート(デフォルトルート除外)をプルダウンから選択
接続ネットワークアドレス
192.168.0.0/29を入力※お客様NW内でアドレス重複がしないプライベートアドレス

3.7.8 コネクションの購入確認画面①(Arcstar Universal One)

コネクションの購入確認画面①(Arcstar Universal One)

3.7.9 コネクションの購入確認画面②(Arcstar Universal One)

コネクションの購入確認画面②(Arcstar Universal One)

3.7.10 コネクションの購入申し込み受付画面(Arcstar Universal One)

コネクションの購入申し込み受付画面(Arcstar Universal One)

3.7.11 コネクションの接続中の画面(Arcstar Universal One)

コネクションの接続中の画面

3.7.12 コネクション接続後の画面(Arcstar Universal One)

コネクション接続後の画面

3.8. Source NAPT購入及び設定

  • ここでは、赤点線で囲われた部分の手順を記します
Source NAPT購入及び設定

3.8.1 ルータを選択後の画面

ルータ選択後の画面NAT

3.8.2 アドオン設定押下後の画面

アドオン設定押下後の画面

3.8.3 アドオン設定するルータを選択

アドオン設定するルータを選択

3.8.4 NATの新規購入をクリック

NATの新規購入をクリック

3.8.5 NAT購入ガイダンス画面

NAT購入ガイダンス画面

3.8.6 NAT新規購入手続き画面①

NAT新規購入手続き画面①
項番 項目 入力内容
接続アドレス設定 一括をラジオボタンから選択
利用アドレス
本手順では172.19.1.0/27
※FICルータ (Paired)を選択時:ネットワークIPアドレス/27
 FICルータ (Single)を選択時:ネットワークIPアドレス/28

3.8.7 NAT新規購入手続き画面②

NAT新規購入手続き画面②
項番 項目 入力内容
アドレスセット名 Test-Source_NAPT
NAT種別 プルダウンからSource NAPTを選択
NATアドレス数
プルダウンから1を選択
※ご利用用途により購入数の設計が必要です。(本手順ではNAPT利用数は1で作成)

3.8.8 NAT購入確認画面

NAT購入確認画面

3.8.9 NAT購入申し込み受付画面

NAT購入申し込み受付画面

3.8.10 NATのポリシー設定をクリック

NATのポリシー設定をクリック

3.8.11 NATポリシー設定ガイダンス画面

NATポリシー設定ガイダンス画面

3.8.12 NATポリシー設定画面①

NATポリシー設定画面①

3.8.13 NATポリシー設定画面②

NATポリシー設定画面②

3.8.14 NATポリシー設定画面③

NATポリシー設定画面③

3.8.15 NATポリシー設定画面④

NATポリシー設定画面④
項番 項目 入力内容
送信元Routing Group名 group_1をプルダウンから選択
あて先Routing Group名 group_2をプルダウンから選択
変換後グローバルIPアドレスセット Test-Source_NAPTをプルダウンから選択

3.8.16 NATポリシー設定画面⑤

NATポリシー設定画面⑤

3.8.17 NATポリシー設定確認画面

NATポリシー設定確認画面

3.8.18 NATポリシー設定受付完了画面

NATポリシー設定受付完了画面

3.8.19 戻るを押下

戻るを押下

3.9. Azure Peering ServiceとFIC間の接続

  • ここでは、赤点線で囲われた部分の手順を記します
Azure Peering ServiceとFIC間の接続

3.9.1 コネクションを選択後の画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクションを選択後の画面MAPS

3.9.2 コネクション購入画面①(Microsoft Azure Peering Service)

コネクション購入画面①MAPS

3.9.3 コネクション購入画面②(Microsoft Azure Peering Service)

コネクション購入画面②MAPS

3.9.4 クラウド接続購入ガイダンス画面(Microsoft Azure Peering Service)

クラウド接続購入ガイダンス画面

3.9.5 接続元ルータ選択(Microsoft Azure Peering Service)

接続元ルータ選択MAPS

3.9.6 コネクションの購入情報入力画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクションの購入情報入力画面MAPS

3.9.7 コネクションの購入情報確認画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクションの購入情報確認画面MAPS
項番 項目 入力内容
コネクション名 Test-Azure_Peering_Service
接続帯域 10Mをプルダウンから選択
Routing Group group_2をプルダウンから選択
BGP Filter Ingress フルルートをプルダウンから選択
BGP Filter Ingress prefix list※
ON/OFF選択(OFFはグレー表示)「BGP Filter Ingress」設定にて、「フルルート」を選択すると、「BGP Filter Ingress prefix list」の設定が自動でONになる為、フィルタリング設定が不要な場合はOFFへ変更
Connecting Point プルダウンにて選択(接続帯域を選択後、購入内容を選択)

3.9.8 コネクションの購入申し込み受付画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクションの購入申し込み受付画面MAPS

3.9.9 コネクションの接続中の画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクションの接続中の画面MAPS

3.9.10 コネクション接続後の画面(Microsoft Azure Peering Service)

コネクション接続後の画面MAPS

3.10. 【参考】モニタリング画面

モニタリング画面

3.10.1 【参考】FICリソースの確認①

FICリソースの確認①

3.10.2 【参考】FICリソースの確認②

FICリソースの確認②

3.10.3 【参考】トラフィックの確認

トラフィックの確認

3.10.4 【参考】経路情報の確認①

経路情報の確認①

3.10.5 【参考】経路情報の確認②

経路情報の確認②

3.10.6 【参考】経路情報の確認③

経路情報の確認③

3.11. 【参考】申込履歴の確認

申込履歴の確認

3.11.1 【参考】申込履歴の確認①

申込履歴の確認①

3.11.2 【参考】申込履歴の確認②

申込履歴の確認③

3.11.3 【参考】申込履歴の確認③

申込履歴の確認③

3.11.4 【参考】申込履歴の確認④

申込履歴の確認④