OvDCネットワーク作成/編集/削除手順

OvDCネットワーク概要

IPV内仮想データセンターにて使用するネットワークに関する情報の表示やネットワークサービスの構成などを行うことができます。

IPVでは、非常に柔軟でセキュアなネットワークインフラストラクチャを提供するために、4つのネットワークカテゴリを持つ階層型ネットワークアーキテクチャを使用します。
提供するネットワークカテゴリは、外部ネットワーク、組織仮想データセンターネットワーク(以降、OvDCネットワーク)、データセンターグループネットワーク、およびvAppネットワークとなります。

本チュートリアルではOvDCネットワーク関連操作を記載します。
本機能ではOvDC内またはOvDC間のネットワークに関する情報の表示やネットワークサービスの構成などを行うことができます。

../../_images/create_ovdcnw_000.png

OvDCネットワークを作成するには組織管理者の権限が必要となります。

OvDCネットワークは以下の範囲で作成することができます。
範囲 概要
現在のOvDC
現在のOvDC内の仮想マシンのみ接続できる様にします。
データセンターグループ
このネットワークは、OvDC内すべての仮想マシンに接続できる様にします。

作成可能なOvDCネットワークのタイプは以下の通りとなります。
タイプ 概要
隔離(内部)
隔離されたOvDCネットワークは、OvDC内の複数の仮想マシンおよびvAppを接続できる隔離されたプライベートネットワークを提供します。
隔離ネットワークにアクセスできるのは、同じOvDCのみとなります。

隔離されたOvDCネットワークは、OvDCの外部にある仮想マシンへの接続は提供しません。
このOvDC外のマシンは、OvDC内のマシンに接続できません。
経路指定
経路指定ネットワークにアクセスできるのは、同じOvDCのみです。
このOvDC内の仮想マシンのみがこのネットワークに接続できます。

このネットワークは、外部ネットワークに対する制限されたアクセスおよび、外部ネットワークから特定の仮想マシンにアクセスできるようにネットワーク アドレス変換 (NAT)、ファイアウォール、およびVPNを設定できます。
※本指定はデータセンターグループでのみ利用可能です。

1. OvDCネットワーク作成

仮想マシンが接続するためのネットワーク(OvDCネットワーク)を構成します。

注釈

本手順では、例として10.0.0.0/24のアドレス帯を使用しています。 ゲートウェイのIPアドレスは10.0.0.254/24としています。


  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
  • [ネットワーク]タブ上部の[新規]を押下します。
../../_images/create_ovdcnw_001.png

経路指定型OvDCネットワーク作成時

  • [範囲] 画面で [データセンターグループ] を選択し、作成するOvDCネットワークが接続するデータセンターグループを選択し[次へ] をクリックします。

../../_images/create_ovdcnw_002-1.png

隔離型OvDCネットワーク作成時(現在の組織仮想データセンターでの作成時)

  • [1 範囲] 画面で [現在の組織仮想データセンター] を選択し[次へ] をクリックします。

../../_images/create_ovdcnw_002.png

警告

"経路指定型OvDCネットワーク"への切り替えをする可能性がある場合には[データセンターグループ]を指定して下さい。
[現座の組織仮想データセンター]にて作成された場合、接続OvDC(組織仮想データセンター)に閉じたネットワークとなります。
その為、後述のネットワークタイプの切り替え処理で"経路指定型OvDCネットワーク"への切り替えが行えません。

1.1. 隔離型OvDCネットワーク作成の場合

  • [2 ネットワーク タイプ] 画面にて、[隔離] を選択し、[次へ] をクリックします。
../../_images/create_ovdcnw_003.png

  • [3 全般] 画面にてOvDCネットワーク作成に関する全般設定を行います。
    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。

設定項目 概要
名前
OvDCネットワーク名を入力します。
説明
OvDCネットワークの説明を入力します。
デュアルスタックモード ※オプション
OvDCネットワークにIPv4サブネットとIPv6サブネットを両方とも割り当てられるようにします。
本機能は利用不可となります。設定の際にはご注意ください。
ゲートウェイ CIDR
ゲートウェイのClassless Inter-Domain Routing (CIDR) 設定を入力します。
入力形式は以下となります。

例)192.167.1.1/24
※設定するCIDRには、ゲートウェイのIPアドレスが含まれています。
上記例の場合、以下の様な割り当てとなります。
・ゲートウェイアドレス…192.168.1.1
・関連付けられているルーティングプリフィックス…192.168.1.0
 ・サブネットマスク…255.255.255.0

CIDR値を指定した後に、値を変更することはできません。

警告

デュアルスタックネットワークモードを有効にすると、元に戻せません。
本機能は利用不可となります。
設定の際にはご注意ください。

../../_images/create_ovdcnw_004.png

  • 固定IPアドレスが必要な仮想マシンへの割り当て用に1つ以上のIPアドレスを予約するには、[4 固定IPプール]にてOvDCネットワークに固定IPを構成します。※オプション
    ※複数の固定IPアドレスまたは固定アドレス範囲を追加するには、繰り返し追加手順を実行します。
    設定した固定IPアドレスおよび固定IPアドレス範囲を変更または削除するには、[変更]または[削除]をクリックします。
    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。

設定項目 概要
IP 範囲
固定IPアドレスまたは固定IPアドレスの範囲を設定できます。
入力形式は以下となります。

例)IPアドレス範囲
192.168.1.2 - 192.168.1.100
追加
IP 範囲にて設定した固定IPアドレス設定を追加します。
変更
下部固定IPアドレス一覧にて選択された設定の変更を行います。
削除
下部固定IPアドレス一覧にて選択された設定の削除を行います。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-1.png

  • OvDCネットワークのDNSを構成する場合は、[5 DNS]にてOvDCネットワークのDNS構成を行います。※オプション
    DNS構成にて設定する項目は以下となります。

    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。
オプション 概要
プライマリDNS
ご利用されるプライマリDNSサーバのIPアドレスを入力します。
セカンダリDNS
ご利用されるセカンダリDNSサーバのIPアドレスを入力します。
DNSサフィックス
DNSサフィックスを入力します。
DNSサフィックスは、ホスト名を含めないDNS名です。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-2.png

  • [6 Segment Profile Template]にてOvDCネットワークに適用するセグメントプロファイルのセットを定義しているテンプレートを選択し、[次へ] をクリックします。

注釈

現状選択できるルールセットはございません。
"NOT SET"では現行標準設定を適用しています。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3.png

  • [7 設定内容の確認] 画面で設定内容を確認し、[完了] をクリックします。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3-1.png

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3-2.png

1.2. 経路指定型OvDCネットワーク作成の場合

  • [2 ネットワーク タイプ] 画面で、[経路指定] を選択し、[次へ] をクリックします。

../../_images/create_ovdcnw_003-2.png

  • [3 全般] 画面にてOvDCネットワーク作成に関する全般設定を行います。
    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。

設定項目 概要
名前
OvDCネットワーク名を入力します。
説明
OvDCネットワークの説明を入力します。
デュアルスタックモード ※オプション
OvDCネットワークにIPv4サブネットとIPv6サブネットを両方とも割り当てられるようにします。
本機能は利用不可となります。設定の際にはご注意ください。
ゲートウェイ CIDR
ゲートウェイのClassless Inter-Domain Routing (CIDR) 設定を入力します。
入力形式は以下となります。

例)192.167.1.1/24
※設定するCIDRには、ゲートウェイのIPアドレスが含まれています。
上記例の場合、以下の様な割り当てとなります。
・ゲートウェイアドレス…192.168.1.1
・関連付けられているルーティングプリフィックス…192.168.1.0
 ・サブネットマスク…255.255.255.0

CIDR値を指定した後に、値を変更することはできません。

警告

デュアルスタックネットワークモードを有効にすると、元に戻せません。
本機能は利用不可となります。
設定の際にはご注意ください。

../../_images/create_ovdcnw_004.png

  • 固定IPアドレスが必要な仮想マシンへの割り当て用に1つ以上のIPアドレスを予約するには、[4 固定IPプール]にてOvDCネットワークに固定IPを構成します。※オプション
    ※複数の固定IPアドレスまたは固定アドレス範囲を追加するには、繰り返し追加手順を実行します。
    設定した固定IPアドレスおよび固定IPアドレス範囲を変更または削除するには、[変更]または[削除]をクリックします。
    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。

設定項目 概要
IP 範囲
固定IPアドレスまたは固定IPアドレスの範囲を設定できます。
入力形式は以下となります。

例)IPアドレス範囲
192.168.1.2 - 192.168.1.100
追加
IP 範囲にて設定した固定IPアドレス設定を追加します。
変更
下部固定IPアドレス一覧にて選択された設定の変更を行います。
削除
下部固定IPアドレス一覧にて選択された設定の削除を行います。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-1.png

  • OvDCネットワークのDNSを構成する場合は、[5 DNS]にてOvDCネットワークのDNS構成を行います。※オプション
    DNS構成にて設定する項目は以下となります。

    構成設定完了後、[次へ] をクリックします。
オプション 概要
プライマリDNS
ご利用されるプライマリDNSサーバのIPアドレスを入力します。
セカンダリDNS
ご利用されるセカンダリDNSサーバのIPアドレスを入力します。
DNSサフィックス
DNSサフィックスを入力します。
DNSサフィックスは、ホスト名を含めないDNS名です。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-2.png

  • [6 Segment Profile Template]にてOvDCネットワークに適用するセグメントプロファイルのセットを定義しているテンプレートを選択し、[次へ] をクリックします。

注釈

現状選択できるルールセットはございません。
"NOT SET"では現行標準設定を適用しています。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3.png

  • [7 設定内容の確認] 画面で設定内容を確認し、[完了] をクリックします。

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3-3.png

../../_images/create_ovdcnw_004-1-3-4.png

2. OvDCネットワーク全般設定の編集

作成されたOvDCネットワークの編集が行えます。
編集可能な対象を以下に記載致します。

編集可能項目 概要
名前
[全般]タブにて編集可能な項目
OvDCネットワーク名を編集します。
説明
[全般]タブにて編集可能な項目
OvDCネットワーク作成時に記載頂いた説明を編集します。
インターフェイスタイプ
[接続]タブにて編集可能な項目
Edge Gatewayとの接続を編集します。

  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。

../../_images/change_ovdcnw_001.png

  • [ネットワーク] リストより編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_001-1.png

  • [全般]タブで、[編集]をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_002.png

../../_images/change_ovdcnw_002-1.png

2.1. OvDCネットワーク Segment Profilesの編集

作成されたOvDCネットワークのSegment Profiles編集が行えます。
編集可能な対象を以下に記載致します。

編集可能項目 概要
IP Discovery
IPアドレス検出に関するプロファイルとなります。
本項目は設定不可となります。
MAC Discovery
MAC アドレス検出、偽装転送に関するプロファイルとなります。
本項目で利用可能なプロファイルには以下があります。

1)NSX-T Default Segment Profile
2)mac-learning-enabled

※mac-learning-enabledを指定することでOvDC内、ネットワーク仮想アプライアンス等でL2TP,VRRP等の偽装転送を必要とする機能が利用可能となります。
Spoof Guard
SpoofGuardに関するプロファイルとなります。
本項目は設定不可となります。
Quality of Service
サービス品質 (QoS)に関するプロファイルとなります。
本項目は設定不可となります。
Segment Security
セグメント セキュリティに関するプロファイルとなります。
本項目は設定不可となります。

  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。

../../_images/change_ovdcnw_001.png

  • [ネットワーク] リストより編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_001-1.png

  • [Segment Profiles]タブで、[編集]をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_005-6.png

  • [Edit Segment Profiles]ダイアログにて「Use a Custom set of Segment Profiles」にチェックし各項目を変更します。
    編集完了後、[保存]をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_005-6-1.png

../../_images/change_ovdcnw_005-6-2.png

3. OvDCネットワークのネットワークタイプ変更

OvDCネットワーク作成後にネットワークタイプを変更することが可能です。
隔離型から経路指定、経路指定から隔離型と変更するための手順を以下に記載します。

注釈

本処理では[範囲]の変更は行えません。
その為、事前に変更対象のOvDCネットワークの範囲をご確認下さい。

3.1. 隔離型OvDCネットワークの経路指定型への変更の場合

注釈

現在本機能はご利用できません。
隔離型OvDCネットワークを経路指定に変更される場合は新規に経路指定OvDCネットワークを作成下さい。

  • 「仮想データセンター(以下、OvDC)」内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。

../../_images/change_ovdcnw_001.png

  • [ネットワーク] リストより、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。 | この際、"ネットワーク タイプ"が「隔離」であることを確認して下さい。

../../_images/change_ovdcnw_003.png

  • [全般]タブで、[編集]をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-2-1.png

  • [ネットワーク「編集対象ネットワーク名」の編集]ダイアログにて[接続]タブをクリックします。

  • 隔離型OvDCネットワークをEdgeGatewayに接続します。
    設定項目を以下に記載します。


編集可能項目 概要
EdgeGatewayに接続
有効にすることでEdge Gatewayに接続され、OvDC内ルーティングが有効になります。
EdgeGatewayリスト
接続するEdgeGatewayを選択します。
Distributed Routing ※オプション
本機能はご利用できません
分散ルーティングを無効にして、すべてのVMトラフィックがサービスルータを経由するようになります。
※エッジゲートウェイで非分散ルーティングを有効にしている必要があります。
ゲスト VLAN の許可 ※オプション
本機能はご利用できません
ゲストVLANを許可する場合に本オプションを有効にします。

../../_images/change_ovdcnw_003-2-1-1.png

../../_images/change_ovdcnw_003-2-1-2.png

  • [保存] をクリックします。
    [保存]が完了することでネットワークタイプが「経路指定」へ変更されます。
../../_images/change_ovdcnw_003-2-3.png

注釈

設定時の項目内容は「1.2. 経路指定型OvDCネットワーク作成の場合」を参照ください。

3.2. 経路指定型OvDCネットワークの隔離型への変更の場合

  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
  • [ネットワーク] タブで、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1.png

  • [全般]タブで、[編集]をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1.png

  • [接続]をクリックします。

  • 経路指定型OvDCネットワークを隔離型に変更します。
    設定項目を以下に記載します。
    - [Edge ゲートウェイに接続] オプションをオフにします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1-1.png

../../_images/change_ovdcnw_003-1-2.png

  • [保存] をクリックします。
    [保存]が完了することでネットワークタイプが「隔離」へ変更されます。
../../_images/change_ovdcnw_003-2-1.png

4. OvDCネットワークのDNS設定編集

隔離/経路指定型OvDCネットワークにて設定したDNS設定を編集できます。
  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
  • [ネットワーク] タブで、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1.png

  • [IPアドレス管理]->[固定IPプール]へ遷移します。
  • [固定IPプール]内、「DNS」セクション上部の[編集]ボタンをクリックします。
    編集対象を編集します。
    編集可能項目はOvDCネットワークにて設定したDNS項目と同様となります。
../../_images/change_ovdcnw_004.png

../../_images/change_ovdcnw_004-1.png

  • [保存] をクリックします。

5. OvDCネットワークでのDHCPサービス利用

OvDCネットワークでは、Edge Gatewayが提供するDHCPリレー、DHCPバインディング(固定リース)機能をサポートしています。
DHCPサービスは「ゲートウェイモード」「ネットワークモード」「DHCPリレーモード」の3つのモードが存在します。

IPVでは「ゲートウェイモード」「DHCPリレーモード」の利用が可能となります。

注釈

「ネットワークモード」についてはご利用できません。

OvDCネットワークのDHCPサービスは、DHCPからアドレスを要求するように構成されている仮想マシンNICに、アドレスプールからIPアドレスを提供します。
DHCPサービスは、仮想マシンがパワーオンされるとアドレスを提供します。

警告

隔離型OvDCネットワークではDHCPサービスをご利用いただくことはできません。

5.1. DHCPサービスの設定

  • 「仮想データセンター(以下、OvDC)」内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
  • [ネットワーク] タブで、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1.png

  • [IPアドレス管理]セクションで、[DHCP]をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_005-2.png

  • DHCPサービス内、[ACTIVATE]をクリックします。

  • [Enable DHCP]ダイアログにてOvDCネットワークのDHCP設定を行います。
    [1 General Settings]設定項目にて"DHCP モード"を[ゲートウェイ]にチェックします。
    設定項目内容は以下となります。

項目 概要
サブネット
DHCPサービスを有効にするOvDCネットワークのサブネットが表示されます。
DHCP モード
DHCPサービスの構成方法を指定します。
[ゲートウェイ]:EdgeGatewayのDHCPサービスを使用して、DHCP IPアドレスを取得します。
[ネットワーク]:直接関連付けられたDHCPサービスを使用して、DHCP IPアドレスを取得します。
ネットワークが隔離されている場合、EdgeGatewayから分離する予定がある場合に本モードを使用します。
ネットワークモードはご利用できません
[Relay]:DHCPリレーモード(DHCP転送)にて構成します。
リスナーの IP アドレス(ゲートウェイモード/ネットワークモード)
EdgeGatewayのGatewayアドレスとなります。
リース時間
DHCP IPアドレスのリース期間を指定します。
指定可能な設定値は以下となります。

期間:時/日
設定値:1/7/14/21/30/49

../../_images/change_ovdcnw_005-2-1.png

  • [2 DHCP Pools]設定にて画面上部[追加]をクリックします。
    プール欄にIPアドレス範囲を入力します。
    入力形式は以下となります。

    例)IPアドレス範囲
    192.168.1.2 - 192.168.1.100
../../_images/change_ovdcnw_005-2-2.png

  • [3 DNS through DHCP]にてDHCPにて提供するDNSサーバーを設定します。
    最大2つのDNSサーバーを追加することができます。
../../_images/change_ovdcnw_005-2-3.png


  • [4 Review and Complete]にて設定内容を確認し、[完了] をクリックします。
    DHCPサービス構成が有効化され、設定情報が[DHCP]内に反映されます。
../../_images/change_ovdcnw_005-3.png

../../_images/change_ovdcnw_005-3-1.png

注釈

DHCPサービスにて指定するIPアドレス範囲はOvDC固定IPアドレスプールと重複することはできません。

5.2. DHCPリレーモード設定

前提条件
事前にEdgeGateway DHCP Forwarding設定 を有効化して下さい。

  • 「仮想データセンター(以下、OvDC)」内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
  • [ネットワーク] タブで、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_003-1.png

  • [IPアドレス管理]セクションで、[DHCP]をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_005-2.png

  • DHCPサービス内、[ACTIVATE]をクリックします。

  • [Enable DHCP]ダイアログにてOvDCネットワークのDHCP設定を行います。
    [1 General Settings]設定項目にて"DHCP モード"を[Relay]にチェックします。
    設定項目内容は以下となります。

項目 概要
サブネット
DHCPサービスを有効にするOvDCネットワークのサブネットが表示されます。
DHCP モード
DHCPサービスの構成方法を指定します。
[ゲートウェイ]:EdgeGatewayのDHCPサービスを使用して、DHCP IPアドレスを取得します。
[ネットワーク]:直接関連付けられたDHCPサービスを使用して、DHCP IPアドレスを取得します。
ネットワークが隔離されている場合、EdgeGatewayから分離する予定がある場合に本モードを使用します。
ネットワークモードはご利用できません
[Relay]:DHCPリレーモード(DHCP転送)にて構成します。

../../_images/change_ovdcnw_005-2-1-1.png

  • [2 Review and Complete]設定にて設定内容を確認し、[完了] をクリックします。
    DHCPサービス構成が有効化され、設定情報が[DHCP]内に反映されます。
../../_images/change_ovdcnw_005-3-1-2.png

../../_images/change_ovdcnw_005-3-1-3.png


5.3. DHCP IPv4 バインディング

DHCPバインディング機能を使用して、DHCPサービス有効化OvDCネットワークに接続している仮想マシンの"MACアドレス"をIPv4アドレスにバインドすることが可能です。

  • [DHCP]->[IPv4 バインディング]をクリックします。
  • 画面上部の[新規]をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_005-3-1.png

  • [1 General]にてIPv4バインディング設定を行います。
    事前に対象仮想マシン NICのMACアドレスを控えて下さい。

    設定項目は以下となります。

項目 概要
名前
バインディング設定の名前を入力します。
説明
必要に応じて説明を入力します。
IP アドレス
バインディング対象のIPアドレスを入力します。
入力可能な範囲はDHCPアドレスプール外となります。
MAC Address
バインディング対象のMACアドレスを入力します。
リース時間
DHCP IPアドレスのリース期間を指定します。
指定可能な設定値は以下となります。

期間:時/日
設定値:1/7/14/21/30/49
ゲートウェイ
バインディング設定のゲートウェイIPアドレスを入力します。
設定しない場合は、そのネットワークのゲートウェイIPアドレスが使用されます。
Hostname
バインディング対象のホスト名を入力します。
入力しない場合は「-」で表記されます。

../../_images/change_ovdcnw_005-3-2.png

  • [2 DNS Server]にてDNSサーバーを設定します。
    最大2つのDNSサーバーを追加することができます。

../../_images/change_ovdcnw_005-3-4.png

  • [3 設定内容の確認]にてIPv4バインディング設定を確認します。
    確認完了後、[完了]をクリックすることでバインディング設定が生成されます。

バインディング設定を編集する場合にはリストより編集対象を選択し[編集]をクリックすることで編集が可能です。
編集可能項目は新規作成時と同様になります。

../../_images/change_ovdcnw_005-3-5-1.png

../../_images/change_ovdcnw_005-3-5-1-1.png

../../_images/change_ovdcnw_005-3-5-1-2.png

削除する場合にはリストより対象を選択し[削除]をクリックして下さい。

../../_images/change_ovdcnw_005-3-5.png

../../_images/change_ovdcnw_005-3-5-3.png

5.4. DHCPサービス無効化

  • DHCPサービスが不要になった場合は、[DHCP]上部の[無効化]をクリックして下さい。
  • [DHCPの無効化]ダイアログが表示されます。
    無効化対象に誤りがないことを確認し[無効化]をクリックします。

../../_images/change_ovdcnw_005-5.png

DHCPサービスを再度有効化する場合には有効化手順を参照ください。

6. OvDCネットワークの削除

OvDCネットワークが不要になった場合、このOvDCネットワークを削除できます。
  • 「仮想データセンター」(以下、OvDC)内、左ペインメニューより[ネットワーク]を押下します。
../../_images/change_ovdcnw_005.png

  • [ネットワーク] タブで、編集対象のOvDCネットワーク名をクリックします。
../../_images/change_ovdcnw_005-1.png

  • 削除対象のネットワークであることを確認し、画面上部の[削除]をクリックします。
../../_images/delete_ovdcnw_001.png

  • 確認するには、[削除]をクリックします。
../../_images/delete_ovdcnw_002.png

../../_images/delete_ovdcnw_002-1.png

注釈

誤って削除してしまった場合には再度OvDCネットワークの作成を実施下さい。
削除前と同一設定のOvDCネットワークを作成頂く事で復旧が可能となります。