vAppテンプレート用カタログ/vAppテンプレート作成方法

IaaS Powered by VMware(以降、IPVと表記)提供機能であるvAppテンプレート用カタログの作成方法ならびにvAppテンプレート化方法を記載します。


カタログ作成

  • テナントポータルの上メニューより[ライブラリ]を選択、左ペインより[カタログ]->[新規]を押下します。
../../_images/create_catalog_001.png

  • 任意の名前を入力します。

../../_images/create_catalog2.png

  • "特定のストレージポリシーで事前プロビジョニング"を有効化します。
    カタログにて利用するストレージポリシーを選択します。
    ※ストレージポリシーは組織仮想データセンター(OvDC)に紐づいています。

../../_images/create_catalog2-1.png

../../_images/create_catalog2-2.png

  • [OK]を押下します。
  • カタログが作成されたことを確認します。
../../_images/catalog3.png

注釈

現在利用中のOvDCを削除する可能性がある場合には、カタログ作成時に"特定のストレージポリシーで事前プロビジョニング"を選択し、現在OvDCが利用しているストレージポリシーと異なるストレージポリシーを選択することを推奨します。
OvDCで選択しているストレージポリシーとカタログ内のvAppテンプレートが利用しているストレージポリシーが同一の場合、SDPFポータルからのOvDC削除に失敗することがあります。

カタログの名称変更

  • テナントポータルの上メニューより[ライブラリ]を選択、左ペインより[カタログ]->[新規]を押下します。

../../_images/create_catalog_001.png

  • ストレージポリシーを変更するカタログ名の左側にあるリストバーを右クリックします。
    メニューより[編集]を選択します。

../../_images/create_catalog5.png

  • [項目の編集]ダイアログが起動します。
    "名前"必要に応じて"説明"項目を編集し[保存]をクリックします。

../../_images/create_catalog5-1.png

カタログの共有設定

  • テナントポータルの上メニューより[ライブラリ]を選択、左ペインより[カタログ]->[新規]を押下します。

../../_images/create_catalog_001.png

  • ストレージポリシーを変更するカタログ名の左側にあるリストバーを右クリックします。
    メニューより[共有]を選択します。

../../_images/create_catalog6.png

  • [「カタログ名」の共有]ダイアログが表示されます。
    カタログをすべてのユーザーで使用する場合には"共有先"を「すべてのユーザーおよびグループ」にチェックします。
    カタログ利用ユーザーおよびグループのアクセス権限を"アクセスレベル"ドロップダウンメニューより選択します。
    選択可能なアクセス権限は「読み取り専用」「読み取り/書き込み」「フルコントロール」となります。

    特定のユーザーに共有する場合には"共有先"を「特定のユーザーおよびグループ」にチェックし個々のユーザー、グループにアクセス権を付与します。
    編集後、[保存]をクリックします。

../../_images/create_catalog6-1.png

../../_images/create_catalog6-2.png

カタログ利用ストレージポリシーの変更

  • テナントポータルの上メニューより[ライブラリ]を選択、左ペインより[カタログ]->[新規]を押下します。

../../_images/create_catalog_001.png

  • ストレージポリシーを変更するカタログ名の左側にあるリストバーを右クリックします。
    メニューより[ストレージポリシー]を選択します。

../../_images/create_catalog4.png

../../_images/create_catalog4-1.png

  • [「カタログ名」のストレージポリシー]ダイアログが表示されます。
    カタログが所属するOvDCを変更する場合は"組織VDC"ドロップダウンリストより対象OvDC名を選択します。
    ストレージポリシーを変更するには"ストレージポリシー"ドロップダウンリストより変更対象を選択します。
    編集後、[保存]をクリックします。

../../_images/create_catalog4-2-1.png

../../_images/create_catalog4-2-2.png

  • 変更後、[ストレージポリシー]を再度開き変更されていることを確認します。

カタログの削除

  • テナントポータルの上メニューより[ライブラリ]を選択、左ペインより[カタログ]->[新規]を押下します。

../../_images/create_catalog_001.png

  • ストレージポリシーを変更するカタログ名の左側にあるリストバーを右クリックします。
    メニューより[削除]を選択します。

../../_images/create_catalog7.png

  • [カタログの削除]ダイアログが表示されます。
    削除対象に誤りがないことを確認し[削除]をクリックします。
    ※カタログ内にメディア、vAppテンプレートが存在する場合には警告が表示されます。
    事前にカタログ内の各種データを削除した後にカタログ削除処理を実施してください。

../../_images/create_catalog7-1-1.png

../../_images/create_catalog7-1-2.png

vAppテンプレート作成

  • テナントポータルメニュー[データセンター]内、対象OvDCカードを選択します。
    左ペイン[コンピュート]->[vApp]より対象vAppの[アクション]メニューを展開し[テンプレートの作成]を選択します
../../_images/catalog4.png

  • 以下のパラメータを埋めていき[OK]を押下します。
項目 概要
カタログ 前項で作成したカタログを選択します。
カタログ項目の上書き
チェック後、アイテム欄が表示されます。
上書き対象のカタログを選択します。
名前 任意の名前を追加します。
説明 必要な場合入力はお願いします。
このテンプレートを使用する場合、以下を指定します 同一のコピーを作成 または ※仮想マシン設定をカスタマイズ

../../_images/catalog5.png

注釈

カタログ化中はvApp内の仮想マシンの操作はできなくなります。
仮想マシン設定をカスタマイズはvApp内の仮想マシンがパワーオン状態の場合は選択できません。
  • 作成したカタログは[ライブラリ]->[vAppテンプレート]に作成されます。
../../_images/catalog6.png

カタログからのデプロイ

  • テナントポータルの上メニュー[ライブラリ]を選択、左ペイン[vAppテンプレート]の順に選択し、[カタログ作成]の項目で作成したテンプレートを選択し、[vAppの作成]を押下します。
../../_images/catalog7.png

  • [テンプレートからのvAppの作成]->[1.インポートするテンプレートを選択]にて対象テンプレートを選択します。
../../_images/catalog7-1.png

  • [2.名前の選択]にて以下の項目を入力し次へを押してください。
項目 概要
名前 任意の名前を入力して下さい
説明 必要な場合入力はお願いします。
ランタイムリース 無制限
ストレージリース 無制限

../../_images/catalog8.png

  • リソース構成、本内容は変更せずに次へを押下します。

注釈

必要に応じて[3.リソースの構成]、[4.コンピューティングポリシー]、[5.ハードウェアをカスタマイズ]、[6.ネットワークの構成]、[7.カスタムプロパティ]を編集します。

../../_images/catalog9.png

../../_images/catalog9-1.png

../../_images/catalog9-2.png

../../_images/catalog9-3.png

../../_images/catalog9-4.png

  • 設定内容の確認を見て問題なければ完了を押下し、カタログ内の仮想マシンがデプロイされます。
../../_images/catalog10.png