名前付きディスク作成/編集/削除手順


仮想データセンター(OvDC)内に作成されたスタンドアロン仮想ディスクが"名前付きディスク"となります。
"名前付きディスク"は「組織管理者(orgAdmin)」およびそれぞれの権限を持つユーザーにて作成、削除、および更新したり、仮想マシンに接続したりできます。

本機能を用いる事でデータベース等の可用性構成を組む際に使用する"共有ディスク"用の領域を仮想マシン外部に構築することが可能となります。

注釈

本ディスクは共有化が行えません。
ディスク作成時に"共有化"オプションが存在しますが使用しないで下さい。


../../_images/create_named-disk_000.png


名前付きディスク設定

1. 名前付きディスクの作成

名前付きディスクを作成するには、名前とサイズを指定する必要があります。
必要に応じて説明を追加し、ディスクで使用するストレージ プロファイルを選択できます。
  • テナントポータル画面上部の[データセンター]をクリックし、作成対象の[仮想データセンター]カードをクリックします。

../../_images/create_named-disk_001.png

  • 左部ペインメニューより[ストレージ]->[名前付きディスク] をクリックします。

../../_images/create_named-disk_002.png

  • [新規]をクリックします。
    名前付きディスクの作成を行います。

../../_images/create_named-disk_003.png

../../_images/create_named-disk_004.png

項目 概要
名前 名前付きディスクの名前を入力します
説明 説明を入力します
ストレージポリシー ドロップダウンより名前付きディスクを生成するストレージポリシーを選択します
IOPS 該当なし(入力できません)
ディスクのサイズ ディスクサイズをMB/GBで指定します
バスタイプ
バスタイプを以下から選択します
1.SCSI(標準)
2.IDE
3.SATA
4.NVMe ※使用しないで下さい
バスサブタイプ
バスタイプがSCSI時はバスサブタイプ選択します
1.BusLogic パラレルSCSIコントローラー
2.LSI Logic パラレルSCSIコントローラー(標準)
3.LSI Logic SAS SCSIコントローラー
4.準仮想化 SCSIコントローラー
共有可能 ※使用できません。

  • [保存] をクリックします。
    新規作成した名前付きディスクがリストに表示されていることを確認します。

../../_images/create_named-disk_005.png

2. 名前付きディスクの編集

  • テナントポータル画面上部の[データセンター]をクリックし、作成対象の[仮想データセンター]カードをクリックします。

../../_images/create_named-disk_001.png

  • 左部ペインメニューより[ストレージ]->[名前付きディスク] をクリックします。
    編集対象の名前付きディスクにチェックを入れ、上部メニュー[編集]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_006.png

  • 名前、説明、ストレージ ポリシー、およびサイズ(バイト単位)などの設定を編集し、[保存] をクリックします。

../../_images/create_named-disk_007.png

3. 名前付きディスクの接続/分離

3.1. 名前付きディスクの接続

  • テナントポータル画面上部の[データセンター]をクリックし、作成対象の[仮想データセンター]カードをクリックします。

../../_images/create_named-disk_001.png

  • 左部ペインメニューより[ストレージ]->[名前付きディスク] をクリックします。
    編集対象の名前付きディスクにチェックを入れ、上部メニュー[接続]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_006-2.png

  • [名前付きディスクの接続]ダイアログが表示され仮想マシン ドロップダウンメニューから名前付きディスクを接続する仮想マシンを選択します。

../../_images/create_named-disk_008.png

  • [適用] をクリックします。
    正常に処理が完了後、リスト内対象名前付きディスクの「接続された仮想マシンの数」が増加することを確認します。
    また、接続名前付きディスクを選択時に[分離]が活性化することを確認します。

../../_images/create_named-disk_009.png

../../_images/create_named-disk_009-2.png

3.2. 名前付きディスクの分離

  • テナントポータル画面上部の[データセンター]をクリックし、作成対象の[仮想データセンター]カードをクリックします。

../../_images/create_named-disk_001.png

  • 左部ペインメニューより[ストレージ]->[名前付きディスク] をクリックします。
    編集対象の名前付きディスクにチェックを入れ、上部メニュー[分離]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_009-2.png

  • [分離の確認]ダイアログが表示され、接続対象仮想マシンおよび接続名前付きディスクに問題がない事を確認した後に[OK]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_010.png

  • 正常に処理が完了後、リスト内対象名前付きディスクの「接続された仮想マシンの数」が減少することを確認します。

../../_images/create_named-disk_005.png

4. 名前付きディスクの削除

  • テナントポータル画面上部の[データセンター]をクリックし、作成対象の[仮想データセンター]カードをクリックします。

../../_images/create_named-disk_001.png

  • 左部ペインメニューより[ストレージ]->[名前付きディスク] をクリックします。
    編集対象の名前付きディスクにチェックを入れ、上部メニュー[削除]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_011.png

  • [削除の確認]ダイアログが表示されます。
    削除対象の名前付きディスクを確認し[削除]をクリックします。

../../_images/create_named-disk_012.png

  • 正常に処理が完了後、リスト内に対象名前付きディスクが存在しないことを確認します。