SIM情報のメンテナンス

本チュートリアルでは、 IoT Connect Gateway をご利用になる「 IoT Connect Mobile® Type S 」のSIM情報の更新方法を説明いたします。

なお、これらSIMの情報は、初期状態(未設定)の状態でも IoT Connect Gateway のご利用は可能です。

1. SIM情報の確認

IoT Connect Mobile® Type S にて、 IoT Connect Gateway 用にSIMを発注しますと、発注されたSIMが一覧表示されます。

以下のような画面が表示された場合、SIMの発注がされておりませんので、まずは IoT Connect Mobile® Type S のSIMをご発注ください。

SIMが存在しない場合

IoT Connect Mobile® Type S のSIM発注のチュートリアルは こちらのリンクとなります。

2. SIM情報の更新

ご発注がお済みの場合は、 IoT Connect Mobile® Type S のSIMが以下のような一覧で表示されます。左メニューの「SIM」をクリックしてもこちらの画面に遷移します。

SIM一覧

リストの各行の右にある「鉛筆」アイコンをクリックすることで、編集が可能になります。

鉛筆アイコン

初期状態では以下のような項目が設定されています。

初期状態

入力可能な項目は全て任意の項目となります。

必要な情報の設定が終わりましたら、「保存」ボタンを押します。

基本情報

  • HSN

    ハードウェアシリアルナンバーです。SIMの表面に記載があります。この項目は修正出来ません。

  • IMSI

    15桁の国際的な加入者識別番号です。この項目は修正出来ません。

  • MSISDN

    いわゆる電話番号です。

  • IMEI

    15桁の国際移動体装置識別番号です。

  • デバイス名

    SIMを実際に挿すデバイスの識別にご利用ください。個別の名称でなくても、問題ありません。 こちらは設定することを推奨します。 全角文字、半角スペース、"$" は使用できません。

  • IPアドレス

    固定で割り振られるIPアドレスです。この項目は修正出来ません。

  • 所属グループ

    SIMを所属させるグループをこちらで選択することも可能です。先にグループの作成が必要となります。SIMを1、2枚などの小数追加した際には、こちらから既存のグループに所属させることをお薦めします。

Option Data

  • 付与情報

    SIMごとに3つまで自由に設定可能です。全角文字、半角スペース、"$" は使用できません。プレースホルダとして利用が可能です。 詳細については、こちらの 「Path」設定 を参照ください。

Things Cloud 向け設定(トグルスイッチをオンにすると表示されます)

Things Cloud をご利用の場合には設定が必要です。

TC
  • システムID

    Things Cloud から提供されるシステムIDを設定します。 HTTPプロトコルでのご利用時に必須 となります。

  • MQTTクライアントID

    Things Cloud から提供されるMQTTクライアントIDを設定します。 MQTTプロトコルでのご利用時に必須 となります。

詳細については、こちらのリンク を参照ください。

GCP 向け設定(トグルスイッチをオンにすると表示されます)

Google IoT にて、MQTTをご利用の場合に必須となる設定項目です。

GCP
  • GCPデバイスID

    Google IoT にてお客様が作成したデバイスのデバイスIDを設定します。 MQTTプロトコルでのご利用時に必須 となります。

    MQTTの場合、クラウド上で作成したIoTデバイスと、実際のデバイスが1:1の関係となります。クラウド側で命名したデバイスIDと同じものを登録して下さい。

Azure 向け設定(トグルスイッチをオンにすると表示されます)

Azure IoT にて、MQTTをご利用の場合に必須となる設定項目です。

Azure
  • AzureデバイスID

    Azure IoT にてお客様が作成したデバイスのデバイスIDを設定します。 MQTTプロトコルでのご利用時に必須 となります。

    MQTTの場合、クラウド上で作成したIoTデバイスと、実際のデバイスが1:1の関係となります。クラウド側で命名したデバイスIDと同じものを登録して下さい。