5.2. 契約代表ユーザーを変更する

Smart Data Platform(以下SDPF)では、1つのご契約内で契約代表ユーザーを別の一般ユーザーに変更できます。

注釈

本操作は、契約代表ユーザーのみ可能です。

警告

  • 本操作を実行すると、現在の契約代表ユーザーは一般ユーザーに変更されるので、ご注意ください。
  • 新しい契約代表ユーザーにはご契約内の全ワークスペース、およびワークスペースに紐付くテナントにアクセス権が付与されます。契約代表ユーザーの実行できる権限はワークスペースの作成/削除、ワークスペースへのアクセス権管理、IAMの管理、料金情報の参照などです。※対象ユーザーと仕様適用開始時期については SDPFサービス仕様変更のご案内 をご覧ください。
  • 現在の契約代表ユーザーは一般ユーザーに変更されますが、すべてのワークスペースへのアクセス権は付与されたままとなります。一般ユーザーに変更されるため、ワークスペース、ユーザー、IAMの管理や料金情報の参照などの使用が制限されます。
  • 新しく契約代表ユーザーに指定するユーザーはビジネスポータルでの権限設定など十分ご確認の上、実施してください。
  • 契約代表ユーザーを削除すると、契約代表のアカウントにログインできなくなります。お客さまにて契約代表ユーザーの変更ができなくなるので、ご注意ください。

5.2.1. 契約代表ユーザー変更手順を確認する

SDPFにログインし、ヘッダの[管理者メニュー]から[ユーザー情報一覧]を選択します。

ユーザー情報一覧メニュー

「ユーザー情報一覧」画面から契約代表ユーザーの[詳細]を選択します。

契約代表ユーザープロファイル

「契約代表ユーザーのプロファイル」画面において、「契約」の項目の[編集]をクリックします。

契約代表ユーザー変更ボタン

下図のように、「契約代表ユーザー変更」画面に遷移するので、新しい契約代表ユーザーを一般ユーザーの中から選択し、画面下部の[変更を完了]をクリックします。

契約代表ユーザー変更画面

確認のポップアップが表示されるので、[OK]を選択すると、契約代表ユーザーの変更が実施されます。 変更が完了するとダッシュボードに一般ユーザーとして遷移します。