6.1. アンチスパイウェア例外の新規追加

  • ここでは、FSGのアンチスパイウェア例外の「新規追加」の手順について説明します。

手順

  • 操作対象のセルグループを左ペインの「セルグループ情報」ドロップダウンリストから選択します。
  • 左ペインの「アンチスパイウェア例外」を選択します。
fsg_console
  • 「新規追加」を選択します。
fsg_console
  • 各項目を記載し「確認」を選択します。
fsg_console
  • 1セルグループに登録可能なアンチスパイウェア例外は最大100件です
項目 説明
名前 アンチスパイウェア例外の名前
脅威シグネチャID 脅威シグネチャIDを記載
アクション 該当する脅威シグネチャIDに対するアクションを alert(通信、ログのみ記録)​ / allow(通信許可) から選択

注釈

  • 脅威シグネチャIDはセキュリティログ(ログタイプ"Threat")の詳細から確認いただけます。(パラメーター"Threat/Content Name (threatid)"をご確認ください)
  • 記載した内容を確認し「実行」を選択します。
fsg_console
  • 実行処理中のポップアップ画面が表示されます。
fsg_console
  • 処理完了後、ポップアップ画面が表示されます。「OK」を選択します。
fsg_console

コンフィグ反映

  • メニューバーの「コンフィグ反映」ボタンを押下してセルに設定を反映してください。 コンフィグ反映手順