10. FIC-Connection(Router-Virtual Port(XaaS)【Pattern S】 SDPF クラウド/サーバー)新設

10.1. 事前に準備いただくもの

【XaaS利用者向け】
  • 接続元の FIC-Router が購入済であること
    ※接続元FIC-RouterのXaaS Typeが「あり」の場合は、選択できませんのでご注意ください。
  • 接続するXaaS事業者側キー情報

  • 接続するSDPF クラウド/サーバーの テナントID

  • 接続するSDPF クラウド/サーバーの API鍵

  • 接続するSDPF クラウド/サーバーの API秘密鍵

  • 接続ネットワークアドレス 30を2つ

注釈

  • 利用できない接続ネットワークアドレスは以下となります。
     ・接続元FIC-Routerの「網内利用アドレス」と重複したアドレス
     ・接続元FIC-RouterのFIC-FW/FIC-NATの「接続アドレス」と重複したアドレス
     ・接続元FIC-Routerに接続されているFIC-Connectionの「接続ネットワークアドレス」と重複したアドレス
     ・こちら に掲載されているアドレスと重複したアドレス
【XaaS事業者向け】
  • 事前準備いただく事項はございません。

10.2. 申し込みフロー

申し込みフローは下記となります。

../../_images/XaaS_OrderFlow3.png

10.3. STEP1(接続承認申請)【XaaS利用者向け】

1.グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。

../../_images/globalview111.png

2.選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されます。

../../_images/areaview_JapanEast111.png

3.左メニューから「コネクション」を押下しますと、画面右側にメニューが表示されますので、「購入」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_Menu.png

4.コネクション購入メニュー画面が表示されますので、XaaS接続から接続する公開サービス(VirtualPort(Pattern SDPF Cloud/Server))を押下します。
Filterで公開サービスを検索することが出来ます。
../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_SelectXaaS.png

5.詳細ボタンを押下することで公開サービスの詳細な情報を確認することが可能です。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_SelectDetail.png
../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Menu_ServiceDetail.png

6.Other Clouds接続メニューが表示されますので、「STEP1接続承認申請」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_SelectStep1.png

7.Other Clouds接続承認申請ガイダンス画面が表示されますので「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_RequestGuidance.png

8.Other Clouds接続の購入手続きが表示されますので、該当のFIC-Routerを選択します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_SelectSource.png

9.コネクションの購入情報入力画面が表示されるので、各種値を入力し「確認」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_InputForm.png

9.1. 入力項目一覧(Router-Virtual Port(XaaS))

項番 項目 購入後変更可否 説明 入力形式
1 コネクション名 変更可 コネクションに設定する名前を入力します。 半角英数及び一部記号&()-_
2 接続帯域 変更可
コネクションの接続帯域を選択します。
選択可能な接続帯域はXaaS事業者の公開設定により異なります。
プルダウンにて選択
[10M,20M,30M,40M,50M,100M,200M,300M,
400M,500M,1G,2G,3G,4G,5G,10G]
3 ルータID 変更不可 接続元のルータIDが表示されます。 固定値
4 Routing Group名 変更不可 接続元のRouting Group名を選択します。
プルダウンにて選択
[group_1, group_2, group_3, group_4,
group_5, group_6, group_7, group_8]
5
BGP Filter Ingress
(接続元FIC-Router)
変更可 BGPの受信種別を選択します。(受信しない場合は'受信停止'を選択します。)
プルダウンにて選択
[フルルート,受信停止]
6
BGP Filter Egress
(接続元FIC-Router)
変更可 BGPの広告種別を選択します。(広告しない場合は'配信停止'を選択します。)
プルダウンにて選択
[フルルート(デフォルトルート除外),フルルート(デフォルトルート込み),デフォルトルート,サマライズ,配信停止]

BGP Filter Egressで選択した広告経路種別にて透過される広告経路情報は以下となります。
・BGP Filter Egressでデフォルトルートを選択した場合
FIC-Routerにて0.0.0.0/0のデフォルトルートを作成して経路広告を行います。
・BGP Filter Egressでサマライズを選択した場合
FIC-Routerにて3つの経路情報を生成し、集約して経路広告を行います。
・BGP Filter Egressでフルルートを選択た場合
BGP Filter Egress prefix listで設定したIPアドレスの経路情報のみを透過して経路広告を行います。
7 Sellerキー情報 変更不可
接続するXaaS事業者側キー情報を入力します。
XaaS事業者により、キー情報の要不要が異なります。
半角英数字
8 公開リソース名 変更不可 接続するXaaS事業者の公開リソース名を選択します。 プルダウンにて選択
9 テナントID 変更不可
接続するSDPF クラウド/サーバーのテナントIDを入力します。
入力するパラメータがご不明な場合は、接続先のXaaS事業者へお問い合わせください。
半角英数字記号[!-_~]
10 API鍵 変更不可
接続するSDPF クラウド/サーバーのAPI鍵を入力します。
入力するパラメータがご不明な場合は、接続先のXaaS事業者へお問い合わせください。
半角英数字記号[!-_~]
11 API秘密鍵 変更不可
接続するSDPF クラウド/サーバーのAPI秘密鍵を入力します。
入力するパラメータがご不明な場合は、接続先のXaaS事業者へお問い合わせください。
半角英数字記号[!-_~]
12 接続ネットワークアドレス(Primary) 変更不可
SDPF クラウド/サーバーとFIC-Router(Primary)間のネットワークアドレス(IPv4)を入力します。
半角英数字
13 接続ネットワークアドレス(Secondary) 変更不可
SDPF クラウド/サーバーとFIC-Router(Secondary)間のネットワークアドレス(IPv4)を入力します。
半角英数字

9.2. 割当イメージ(Router-Virtual Port(XaaS))

../../_images/AllocationImage_ConnectionVirtualPort(XaaS)(PatternS)(Paired).png

10.コネクションの購入確認画面が表示されますので、内容を確認し「申請」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_Purchase.png

11.コネクション購入申し込み受付完了画面が表示されますので、内容を確認し「OK」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_Complete.png

10.4. STEP2(承認/否認)【XaaS事業者向け】

STEP2の承認はXaaS事業者にて実施されます。
ただし、Xaas事業者によってはStep2(Xaas事象者による承認/否認)の工程をXaaS利用者にて実施頂く場合がございます。
詳細は各XaaS事業者へ確認ください。
「許可リクエスト」が発行されると、申請したユーザーとXaaS事業者の契約代表ユーザーにメールで通知されます。
なお、「許可リクエスト」の承認/否認はXaaS事業者の管理ユーザー、また一般ユーザーのお客さまが承認/否認作業を行えます。
XaaS事業者が再販パートナーは親契約者、子契約者どちらからでも承認/否認を行えます。
最新の申請状況の確認方法については、許可機能のご利用方法 をご参照ください。

注釈

  • 「許可リクエスト」の回答期限は30日です。接続先にて「STEP2 承認/否認」を30日以内に実施されない場合は、再度、接続元が「STEP1 接続承認申請」から申し込みをする必要があります。
  • 「許可リクエスト」の通知は「system@ecl.ntt.com」から関係するお客様へ自動的に送信されます。

10.5. STEP3(接続)【XaaS利用者向け】

1.グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。

../../_images/globalview111.png

2.選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されます。

../../_images/areaview_JapanEast111.png

3.左メニューから「コネクション」を押下しますと、画面右側にメニューが表示されますので、「購入」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_Menu.png

4.コネクション購入メニュー画面が表示されますので、XaaS接続から接続する公開サービス(VirtualPort(Pattern SDPF Cloud/Server))を押下します。
Filterで公開サービスを検索することが出来ます。
../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step1_SelectXaaS.png

5.Other Clouds接続メニューが表示されますので、「STEP3接続」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_SelectStep3.png

6.Other Clouds接続ガイダンス画面が表示されますので、「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_Guidance.png

7.リクエストID選択画面が表示されますので、該当のリクエストIDを選択し「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_RequestID.png

8.コネクションの購入確認画面が表示されますので、内容を確認し「購入」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_Purchase.png

9.コネクション購入申し込み受付完了画面が表示されますので、内容を確認し「OK」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_NEW_Step3_Complete.png

10.申し込み履歴画面よりステータスが「Completed」となっていることを確認します。

注釈

  • 承認された許可リクエストには有効期限があります。「STEP2 承認/否認」の承認タイミングから30日以内に「STEP3 接続」が実施されない場合は、再度、接続元が「STEP1 接続承認申請」から申し込みをする必要があります。
    許可機能につきましては、こちら をご覧ください。

11. FIC-Connection(Router-Virtual Port(XaaS)【Pattern S】 SDPF クラウド/サーバー)変更

11.1. STEP1(接続承認申請)【XaaS利用者向け】

1.グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。

../../_images/globalview111.png

2.選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されます。

../../_images/areaview_JapanEast111.png

3.左メニューから「コネクション」を押下しますと、画面右側にメニューが表示されますので、「帯域変更」と「経路変更」のいずれかを押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Menu.png

4.【帯域変更選択時】コネクション帯域変更メニューが表示されますので、「Other Clouds接続」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_SelectOtherCloud_Bandwidth.png

5.【帯域変更選択時】Other Clouds帯域変更メニューが表示されますので、「STEP1帯域変更承認申請」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_SelectStep1_Bandwidth.png

6.コネクション変更ガイダンス画面が表示されますので「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Guidance.png

7.コネクション変更手続き画面が表示されますので、該当のコネクションを選択します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_ConnectionSelect.png

8.コネクション名選択画面が表示されるので、該当のコネクションを選択し「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_RequestID.png

9.1.【経路変更選択時】コネクションの変更情報入力画面が表示されるので、各種値を入力し「確認」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Confirmation_Advertise.png

注釈

  • 経路変更時に通信断は発生しません。

9.2.【帯域変更選択時】コネクションの変更情報入力画面が表示されるので、各種値を入力し「確認」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Confirmation_Bandwidth.png

注釈

  • 帯域変更時に通信断は発生しません。

10.1【経路変更選択時】コネクションの変更情報確認(経路変更)画面が表示されますので、内容を確認し「変更」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Change_Advertise.png

10.2.【帯域変更選択時】コネクションの変更情報確認(帯域変更)画面が表示されますので、内容を確認し「申請」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Purchase_Bandwidth.png

11.コネクション変更申し込み受付完了画面が表示されますので、内容を確認し「OK」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step1_Complete.png

11.2. STEP2(承認/否認)【XaaS事業者向け】

STEP2の承認はXaaS事業者にて実施されます。
ただし、Xaas事業者によってはStep2(Xaas事象者による承認/否認)の工程をXaaS利用者にて実施頂く場合がございます。
詳細は各XaaS事業者へ確認ください。
「許可リクエスト」が発行されると、申請したユーザーとXaaS事業者の契約代表ユーザーにメールで通知されます。
なお、「許可リクエスト」の承認/否認はXaaS事業者の管理ユーザー、また一般ユーザーのお客さまが承認/否認作業を行えます。
XaaS事業者が再販パートナーは親契約者、子契約者どちらからでも承認/否認を行えます。
最新の申請状況の確認方法については、許可機能のご利用方法 をご参照ください。

注釈

  • 経路変更の際は、『STEP2(承認/否認)』の作業は不要です。
  • 「許可リクエスト」の回答期限は30日です。接続先にて「STEP2 承認/否認」を30日以内に実施されない場合は、再度、接続元が「STEP1 接続承認申請」から申し込みをする必要があります。
  • 「許可リクエスト」の通知は「system@ecl.ntt.com」から関係するお客様へ自動的に送信されます。

11.3. STEP3(接続)【XaaS利用者向け】

1.グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。

注釈

  • 経路変更の際は、『STEP3(接続)』の作業は不要です。
../../_images/globalview111.png

2.選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されます。

../../_images/areaview_JapanEast111.png

3.左メニューから「コネクション」を押下しますと、画面右側にメニューが表示されますので、「帯域変更」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_Menu.png

4.コネクション変更ガイダンス(帯域変更)画面が表示されますので、「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_Guidance_Bandwidth.png

5.コネクション帯域変更メニューが表示されますので、「Other Clouds接続」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_SelectOtherCloud.png

6.Other Clouds帯域変更メニューが表示されますので、「STEP3変更」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_SelectStep3.png

7.Other Clouds接続変更ガイダンス画面が表示されますので、「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_Guidance_OtherCloud.png

8.リクエストID選択画面が表示されますので、該当のリクエストIDを選択し「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_RequestID.png

9.コネクションの変更情報確認(帯域変更)画面が表示されますので、内容を確認し「変更」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_Change.png

10.コネクション変更申し込み受付完了画面が表示されますので、内容を確認し「OK」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_CHANGE_Step3_Complete.png

11.申し込み履歴画面よりステータスが「Completed」となっていることを確認します。

12. FIC-Connection(Router-Virtual Port(XaaS)【Pattern S】 SDPF クラウド/サーバー)廃止

12.1. コネクション廃止申し込み【XaaS利用者向け】【XaaS事業者向け】

コネクション廃止申し込みは、XaaS利用者とXaaS事業者、双方から申し込みいただくことが可能です。
片方からの申し込み操作のみで廃止が有効になります。

12.2. チュートリアル

当チュートリアルはXaaS利用者側の操作画面例となります。

1.グローバルビュー画面が表示されますので、任意のエリアを選択します。

../../_images/globalview111.png

2.選択されたエリアのエリアビュー画面が表示されます。

../../_images/areaview_JapanEast111.png

3.左メニューから「コネクション」を押下しますと、画面右側にメニューが表示されますので、「廃止」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_Menu.png

4.コネクション廃止ガイダンス画面が表示されますので「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_Guidance.png

5.エリアビューより、廃止したい任意のコネクションを押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_ConnectionSelect.png

6.コネクション名選択画面が表示されますので、コネクションを選択し「次へ」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_RequestID.png

7.コネクション廃止確認画面が表示されますので、内容を確認し「廃止」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_Delete.png

8.コネクション廃止申し込み受付完了画面が表示されますので、内容を確認し「OK」を押下します。

../../_images/Router-VirtualPort_DELETE_Complete.png

9.申し込み履歴画面よりステータスが「Completed」となっていることを確認します。